Nasagi

ジェネレーション・キルのNasagiのレビュー・感想・評価

ジェネレーション・キル(2008年製作のドラマ)
4.0
イラク戦争で先頭に立った第一偵察大隊の話。
特になにかストーリー仕立てで大きな展開があるわけでもないが、リアルな描写と、殺伐とした世界観に引き込まれた。
(リアルさを追求するために、OP,ED含め、BGMを一切使っていないのは驚いた。)
ちなみ原作を書いたのは、作中にも出てくるローリングストーン誌の記者。

最初は、登場人物が多すぎて顔も見分けがつかないし、名前が出てもだれのことだかわからなかったが、みんなキャラが立っているので観ているうちに自然とわかるようになっていった。
ただ、隊の編成については、前提知識があまりないため調べないと、よくわからなくなることがあった。

汚い言葉遣いや冗談の言い合い、無能な上司や意味のない規律や命令、食事や休みもろくにない環境、見失いそうになる大義、移動ばっかりで何も起きないと思いきや、敵が現れるとすぐさまGet some! Get some!!と声を上げ銃をぶっ放す。そんな感じ。

ブラッドとフィック(中尉)は特に有能さが滲み出ててかっこよかった。
後、兵士が色んなヒットソングを口ずさんだり、合唱したりしているのが地味に面白い。WheatusのTeenage Dirtbagが個人的に好き。