ジェネレーション・キルのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「ジェネレーション・キル」に投稿された感想・評価

TLs

TLsの感想・評価

4.8
0

このレビューはネタバレを含みます

キルマシーンになれない、あくまでも彼ら米海兵隊第1偵察大隊は人間である。どれほど訓練しても、そこには人間性が残る。そんなドラマでした。
 
戦争映画はそこまで見てないのだが、このドラマがかなりリアルに描かれていることがわかる。各々の使用する銃器や装備品一つ一つを整備するシーンやレーションを食べるシーン、装備を身につけたまま睡眠を取るシーンがあるおかげで戦闘シーン以外からも彼らが訓練された兵士であることがわかる。さらに極力BGMを使わないのも戦場の空気をできるだけリアルに伝える効果を発揮しているので、ドラマを見ているときは私自身も戦地に居るような感覚を得ることができた。

特筆すべき点は海兵隊側に死人が出ない点である。戦争物と聞くと仲間との死別というのを思い浮かべがちだが、このドラマが描くイラク戦争は両者の錬度に大きな差があるので戦闘になっても海兵隊側に銃弾が当たることはまずない。しかし、相手は軍服を着ているわけではないので誰が銃を撃ってくるかという緊張感が常にあり、観ていて非常にハラハラした。

このドラマのメッセージとはイラク戦争の意義を問うものであり彼らは戦地で子どもの遺体を何度も目にし、自分たちのやっていることに疑問を持つ。イラク戦争の意義とはイラクが大量破壊兵器を所持していることにあるとされていたが、実際は兵器があったという物証でさえ手に入れることは出来なかった。彼らはそのことを防護服は必要ないという指示で暗にしることとなる。劇中彼らは基本和気藹々としたムードでいるのだが、そのような意義を問う場面に直面し、話が進むにつれ徐々に壊れていく。最後のシーンでは兵士の一人が作戦中に収録した思い出ビデオを皆に見せるのだが最後までビデオを鑑賞していたのは所謂戦場に憧れを抱いた若者だけだった。彼らが戦地での経験をどう扱ったのかはわからないが、最後のシーンで彼らは現実に引き戻されたことであろう。

ようやく観ることができたドラマ。正直ほとんど戦闘がない、退屈そうだと思っていたが、案外戦闘シーンや緊張感のあるシーンが多かったので結構楽しめた。
Thatstoobad

Thatstoobadの感想・評価

5.0
0
イラク戦争の現実を、上官の視点で描き出したHBOのミニシリーズ。
非常にリアルに制作されていて、他の戦争ドラマとは系統が違う。無線のやり取りやセリフの一つ一つに違和感が全く無く、臨場感も抜群だった。
主演のアレクサンダースカスガルドも役に入りきっていた
上海十月

上海十月の感想・評価

3.8
0
HBOフィルム製作。イラク戦争を舞台に一小隊に絞って描く。全7回で当初は、規模も大きいドラマで期待できたが、いつまでたっても誤射、民間人を爆撃とか、よくイラク人を意味なく殺す事がダラダラ続く。ある意味リアルだが7回もいらなかったんじゃないかと思える作品。でも、アメリカのドラマ制作の凄さを感じる作品でもありますね。
戦争に嫌なところは、場所が違っても時代が違っても変わらないのだ、ということ教えてくれる良き映画。

これまで第二次世界大戦〜ベトナム戦争あたりの映画ばかり観ていたが、本作を視聴したことをきっかけに現代の戦争を描く作品を見出すようになった。
広大

広大の感想・評価

5.0
0
最高の戦争ドラマ
バンドオブブラザーズとかパシフィックを期待してはいけない。
本当の現実の戦場の日常を描いた作品
このドラマから実戦を抜いてもっとスケール小さくしたらまんま自衛隊です。
エンシノマンやキャプテンアメリカ、シクスタ、ほんとにこうゆうやつらザラにいます。むしろマシかも
Kei

Keiの感想・評価

3.8
0
全話通じて登場人物が誰一人成長しない。
これがリアルなんだろうねぇ。
じゃっく

じゃっくの感想・評価

3.8
0
tpmasa

tpmasaの感想・評価

3.8
0
無能な上官はどこにでもいるもんだ。
各話エンドクレジットの無線会話がなんか恐ろしい
ゆーけー

ゆーけーの感想・評価

3.5
0
戦争ドラマ物ではなかなか地味な形で話が進んでいくドラマ。
戦場での人間性を映し出すドキュメンタリーだった。
1話から見始めているときに、いつドンパチはじまるのかなー、という感じで最後まで見てしまった。
無能な上司のせいで、潰れる有能な部下、
有能な部下には自然とついて来る忠誠心の高い軍人たち。人間関係がリアルに描かれていて面白かったです。
会話の8割がゲイと女と皮肉の会話。
momonomama

momonomamaの感想・評価

3.5
0

このレビューはネタバレを含みます

2003年のイラク侵攻時に海兵隊の第1偵察大隊がアメリカの一番槍でイラクに入って行った数週間のお話。
同行したローリング・ストーン誌の記者エヴァン・ライトが書いた「Generation Kill (2004)」が原作となっている。

初回に登場した時、最初みんな無関心だったのに元エロ雑誌記者だったと判明した途端に仲間として迎え入れられていた、、、何でやねん(笑
以後、「リポーター」と呼ばれて溶け込む。

途中で気づいたけど、音楽がない。始まりも終わりも無線の会話が流れる。
主人公がいない。なのでドラマというよりかはナショジオっぽい。
「バンド・オブ・ブラザース」「パシフィック」のHBOが贈るって宣伝に引き寄せられて見たけど、この2作とは明らかに違う。
ロング・ロード・ホームに似てる?かな?

戦争ものだけどほとんどのシーンはハンヴィーって言うむき出しの車に乗ってうだうだと上司の悪口言ってる感じ。
偵察隊だもんね。

だからってこんな軽装備で敵中に突っ込んでいかないとならない恐怖。それに同行するリポーターはエライわ。
命がけやね。

主人公はいないけど、あえて言うならブラッド軍曹通称アイスマン。冷静沈着な狙撃手?演じるのはアレキサンダー・スカルスガルド。まぁまぁいろいろ出てるらしいけど初めて見た。背中というか腰のタトゥが意味不明。
アイスマンのハンヴィーにリポーターが乗ってます。
アイスマンの上司はフィック中尉(スターク・サンズ)。この人、ドラマ「マイノリティ・リポート」に出てたらしい、主演でってことはあの能力者3人の中の1人よね、、、全く気付かなかった、てか覚えてない(笑

軍服着てるからわからんってことにしておきましょう。

しかし、このドラマ観てたら海兵隊ってものすごく訓練されたエリート揃いだと思ったのに違うのねぇ
無能な上司がうろうろ(キャプテンアメリカってあだ名のコネ野郎とか)
そしてイラク戦争って一体、何だったの?と思わざるを得ない。
作戦もあってないような感じで、あっち行け、こっち行けって何ちゅう命令だって思っちゃう。

味方が味方を誤射するとか、敵の中の子供を誤射しちゃうとか。焦ってパニックになって一般人を撃っちゃったり、何にもない村を村ごと爆破したり、、
大丈夫か~~~~~?
って事件の連続。

嘘みたいな話だけど同行したリポーターの記録が元になってんだから本当なんだろうな。。。。
怖すぎ。
>|