よあしい

Skins - スキンズ Vol.1のよあしいのレビュー・感想・評価

Skins - スキンズ Vol.1(2007年製作のドラマ)
5.0
永遠の恋人カヤちゃんを見るためだけに見始めたはずなのに、いつのまにか全員愛してる。全員がいとおしくて、とてもとてもとても楽しい。初めて3日間で1シーズン完走したドラマ。

人間ドラマを描いているドラマとか映画ってあんまり好きじゃないけど、これってそれ以上のものがつまってる。なんだろう、こういうの見て、「人にも事情がある、勝手にぶちぎれるのはよくないな」って思える心の広さがわたしにもあるのだと実感。笑


カヤちゃんがあんまり出てこないんだけど、エフィ(7話ぐらい?)の話でもう14,5歳なのに色気しかなくてひたすらにエロかった無理完成度高すぎる何だこの子は。

ああ、本当に素敵な話
いったりきたりが全然嫌にならない。恋だっていっぱい迷うのに、イライラしない。なんだろうこの純粋さと、幼さと、戸惑いが、愛おしい。

全ての人にその人だけの物語がある。それが交差するとき、世界にはどんな物語が生まれるのか、とてもうまく描けている。
これは本当に傑作としか言えない。無理だ。見続けるしかない。終わってしまうのもつらい。うーん!つらい!!!!