shaw

YOU -君がすべて- シーズン1のshawのネタバレレビュー・内容・結末

YOU -君がすべて- シーズン1(2018年製作のドラマ)
4.2

このレビューはネタバレを含みます

面白い。すごく巧いと思う。

いかにもニューヨークといった感じの作品だが、それらを気取っているというよりはむしろ皮肉っぽく意図的にその形をとっていると思う。

実際「まさにニューヨーク的」とか、「恋愛映画みたいだ」とか、ギャグというかメタっぽいセリフが登場する。

もちろん根幹にあるのはサイコとある女の恋愛なわけだけど、現代の我々が抱える問題も浮き彫りにするという意味で、割と社会性を帯びた作品でもある。

その問題ってのは、社会の裏というにはグレーすぎて、むしろ社会の表でひっそりと隠れているつもりだけど実はすごく根強く寄生してる害虫みたいに厄介な問題だ。

特にピーチというキャラクターがそう。彼女明らかに嫌なやつだけど、おそらく全く悪気を感じてない。しかし、好き勝手いうし、いつも上から目線だし、経済的差別もひどい。
結局彼女は自分のあげるアドバイスをありがたそうに受け取ってくれて、そして表面的だろうが感謝してくれる人間を期待しているだけ。承認欲求の成れの果てのような存在だ(しかしこれが我々の姿でもあるのが辛いね)。

こういった問題に最もさらされ、しかし救世主(いや悪魔?)に救われるのがベックで、可哀想な彼女に感情移入しやすいのは当然のこと。

個人的にはこんなキュートなカップルいないだろと、まあ問題はいくつもあったがすごく愛着の湧くカップルだった。だから最終回のあれはかなりきつかったなあ。