おりい

コミンスキー・メソッド シーズン1のおりいのレビュー・感想・評価

3.8
人生悲喜交々、サンディとノーマンの距離感というのか関係性というのか、そういったものがじんわりと沁みました…。

マイケル・ダグラス見たさで鑑賞し始め、アラン・アーキンについて初めて知ったのですが、素敵でした。良い。

サンディとノーマンはもちろんだけれど、彼らを取り巻く人々(特に演技クラスの生徒たち)も気になるので、次があるならその辺りも見たいなと思ったり。

最終話、サンディとノーマン、車の中で交わされる会話とそれ以降のやり取りがなんだかとても好き。