ルビー婆さん

ブラック・アース・ライジングのルビー婆さんのネタバレレビュー・内容・結末

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2019/2/12 Netflix
なんとなーくニュースや小説の一端でジェノサイドについては読んだことがあるけど、詳しくは知らない。
その状態で観たのだけど、わかりにくいところはあったなぁ。
(サスペンス、フィクション)



以下観ながらのメモ。雑記。ネタバレあり。
(正しくない部分があると思う。また、ドラマの時系列なので最初の事実が後半で実は…と変わることがある)

* ケイト・アシュビー(過去にイヴに助けられた。イギリスで法律捜査官をしている。うつ病だったが軽快し退院)
* イヴ・アシュビー(養母、国際犯罪法の検事、過去にNGOボランティアをしていてケイトを助ける)
* マイケル・エニス(イヴの同僚)
* アリス・ムネゾロ(ツチ族代表、ルワンダ愛国戦線の司令官軍だった時に不法にフランス人の神父パスカル・パテノードを殺害したと疑われる)
* ルワンダ将軍 サイモン・ナヤモヤ
* 大量虐殺者 パトリス・ガニマナ
* レサージ将軍(告白により陰謀がわかる)

1994年 フツ族によるツチ族への虐殺。これに至るまでの過去はある。
「ニヤモヤはツチ族よ」
「彼は虐殺をとめた」
「私はツチ族よ」
彼らのおかげで助けられて生き残ったから英国人になれた…

「私達がユダヤ人でアイゼンハワーを起訴する様なもの」

過去のジェノサイドシーンはモノクロのアニメ、人を黒い影にし背景を真っ白にするシーンや、その人自身ではなく、鏡に映った人物を撮影するなどのシーンが印象的。

アリス「フランスは虐殺している国を擁護していたが認めていない。」
目撃者はフランスにいるツチ族。虐殺をしたと思われる医者ともう1人はフランスのスパイだった。アリスに罪を着せようとしている。

神父殺害の四年後に母親が起訴。決断が遅れた理由は、グレイ・ファザーズに加入したから。死ぬ前にはいなかった。
気が変わった理由は?

ムッシュ・バレ。スポンサー。

フランス諜報部 タット・ピコー マクゼ大尉目撃者。

神父は生きていた。アリスは殺してない証拠。

レサージ将軍が陰謀を語る。フツ族支援のフランス、アリスに罪を着せる陰謀。
「結局、失敗した。嘘が嫌になった。」だから告白した。
フランスは悪くないと言いたいための嘘。

両者が違う言語で話すことが問題?
ルワンダの公用語は、英語。25年前はフランス語だった。

アリスは自由になった。
アリスはエドがケイトを助けた時に着けていた服の生地をケイトがに渡す。
準備はできたと。

虐殺の主要人物パトリスがロンドンで捕まる。
パトリスの弁護士ブレーク・ゲインズ

キャピから連絡。
証言する目撃者12人はが恐怖でいなくなる。
起訴できなくなる。

ユーニスとマイケルが話す。

パトリスは無罪と弁護士。
弁護士は後で殺されてしまう。

イヴは生前ガニマナの重要資料を書き隠していた。
マイケルたちがガニマタを裁くことを避けたがっている。その理由は?
みんなその時がきたらわかると言い、ケイトは苛立つ。

イブの電話からマーク・ヴァイナー会話履歴があり、ケイトは電話。
イブの駆け出しの頃の上司。ファイルは倉庫にあると。
97年2月、イブはマイケルのところて働き始める。
ドリュー法務官。

ケイトはガニマナに会うことに。
ケイトは会った時に暴言で怒鳴りつける。ガニマナは謝る。あの頃は恐怖で狂っていたと。
私はニヤモヤもイブは殺してない。
他にいるのだと言う。

ケイトはアリスと会う。
ビビ・ムンダンジ 姉妹のように育った。
アリスはビビに憲法を改めてもらいたい。誰でも出馬できるように。
しかし、その話の最中にアリスは毒入りのナッツを食べて倒れる。(意識不明だが死んでない)

ガニマナが笑っている。

マークに会い、イヴの資料を借りる。

ケイトはルワンダへ。
フロランスが付き添い。ユーニスは保護人でケイトを守れと。
しかし、フロランスは元はフツ族。子供の頃脱出した。父親は悪人だった。
その後はユーニスが保護人で、大学まで行く。

ケイトはルワンダで裁判を見る。
ガニマナを裁けるところかどうかの確認のため。
エリック、ムツィンジの裁判で女性が嘘をついたとケイトに密告してくる人が。
偽証罪。町の人は全員知っていた。
弁護費用でもめる。
仕事がなくなることは困る。そのためなら偽証もする。

見つからない一つの書類。
ケイトが自宅へ戻ると、キャリーケースは穴が空き、書類ケースがずれていた。
コピー盗まれる。

書類を貸してくれたマークは殺され、書類倉庫は火事に。

ルニフラはイヴが、過去に抜いた書類を探している。
ガニマナが虐殺時、ルワンダにいなかったという。証拠もあると。
しかし、ユーニスは当時その場にいてガニマナに会っているから相手が偽証だと示せる。
ただ、ユーニスは卵巣癌?(結局そうじゃなかった)


ケイトは実はフツ族だったと知る。

Wikipediaで歴史を見れば、ツチ族もフツ族を虐殺したことがあるし、フツ族が虐殺しだしたのも二度とツチ族から支配されたくないからだとか。

やりたくなくても加担しなければ自分たちが危ない。そんな人たちも…