NIELSEN堀内

ミニチュア作家のNIELSEN堀内のレビュー・感想・評価

ミニチュア作家(2017年製作のドラマ)
3.6
17世紀末のアムステルダムを舞台に裕福な商家に嫁いだ女性に起こる奇妙な出来事。夫から贈られたドールハウスの為の小物作りをミニチュア作家に依頼した事が発端のミステリ。フェルメールやレンブラントをイメージした絵画的映像美と衣裳に幻惑。

此の時代のドールハウスは別名キャビネットハウスと云って、とても精巧で芸術的な作りで溜息ものでした。少女の面影が残るアーニャ・テイラー=ジョイが陶器の様な白い肌で美しかったです。フードを被った謎めいた少女も息を呑む綺麗さ。3話で完結の程良い長さなので展開もスムーズでした。