en

ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウスのenのレビュー・感想・評価

5.0
怪奇現象が起こる屋敷が舞台
母の死の真相を隠す父、屋敷をネタに小説家として成功した長男スティーブン、ちょっとヒス気味な葬儀屋の長女シャーリー、感受性が非常に優れた次女テオ、薬物依存症な末っ子の双子の兄ルーク、常に家族を想う優しい末っ子の双子の妹ネル
それぞれが不器用ながらに家族を想う。

切なくも、愛しい家族の絆

1話から4話までは、複雑な家族関係による悩みと時折ホラー展開で、テンポが悪いように思えましたが、5話から良さがありすぎて最終話まで一気見でした。
序盤に蒔いた種が、中盤から芽が出て、最終話で花が咲くような感覚になり最高

単純に幼い頃の夜眠る時、布団に潜り込みたくなるあの感じを味わえて良い。

次は、ヒルハウスの原点を掘り下げた話も観てみたいですね