浜崎

早春スケッチブックの浜崎のレビュー・感想・評価

早春スケッチブック(1983年製作のドラマ)
4.8
信用金庫勤めの会社員と、アウトサイダーを好む写真家という対比のニクさ。

受験戦争への投げかけ。

素晴らしい台詞と、最高な俳優の演技の数々。

・最初の方、山崎努とヨシコとの交流を、ただ無言で歩くだけで見せたのは、唸った。

・岩下志麻は綺麗さでコーティングされていて、いまいち掴みづらい。
まあ昔ヤンチャしてたという説得力はあるけど。
度々訪れる顔アップで、「え、ここはこの表情じゃないんじゃない?」と思うのが、いくつかあった。
私の理解が足りないのか。
もし現代で配役するのなら、鈴木京香で見たいところ。

・不良少女が殻を破る瞬間を、紅茶を注ぐ&砂糖を入れてあげる振る舞いで見せるとは。

あと、最後のお父さんの発案もよき。
ラストがモノローグ頼りで物足りなさもあったが、
あれだけのものを見せてくれたのだから、十分だ。