布抜け

悪魔の手毬唄の布抜けのレビュー・感想・評価

悪魔の手毬唄(1977年製作のドラマ)
-
昔の日本の雰囲気や怪奇事件に漂う薄気味悪さを期待して見たけれど期待外れ。ツッコミ入れたくなるような無理矢理展開が多く、リアリティを求める人には向いていないかも。夏目雅子の美しさにとても惹かれた。