振り返れば奴がいるのネタバレ・内容・結末

「振り返れば奴がいる」に投稿されたネタバレ・内容・結末

三谷幸喜らしいいぶし銀のキャスティング。顔近っ‼️としかいえない突っ込みどころもあるけど、後年のなんちゃらブルーみたいな医者目線のひたすら甘いヒューマニズムとエセ仲間意識で問題を限りなく曖昧にする誠意の押し付けよりよっぽどテーマが伝わってくる。司馬を生かしておいて、スピンオフや、今の時点での2人を描いて欲しかった。
最後刺されるシーン思い出しました✨


YAH YAH YAH〜🎶がかかると
リンクしてこのドラマ✨
アメリカのカンザス大学から私立総合「天真楼病院」へやってきた医師・石川玄(石黒賢)は衝撃を隠せなかった。そこには苦しむ患者を無視するかのような振る舞いを平然ととる天才医師・司馬江太郎(織田裕二)がいた。しかし、外科部長の中川淳一(鹿賀丈史)は司馬の冷血な行動を知っていながらそれを受け入れていた。そして、二人の医師は天真楼病院を舞台に、同じ医療クルーとして深く関わり始める。
お互いの理念は分かり合える事もないまま、激しく衝突を繰り返していく・・・

この作品では織田裕二演じる柴田江太郎が悪役医師を演じていて毎回、石黒賢演じる石川玄と衝突しますがそこがやっぱハラハラさせてくれます!
ラスト石川が癌になり柴田が手術をしますが一度助かったと思いきや亡くなってしまいその時必死に心臓マッサージをするシーンが柴田の本当の姿を見れた気がしましたね!
好きなドラマの1つだけれど、石黒賢演じる石川先生が吐血するシーンは今でもトラウマです。