meth

マインドハンター シーズン1のmethのレビュー・感想・評価

マインドハンター シーズン1(2017年製作のドラマ)
-
when you gaze long into the abyss. The abyss gazes also into you...って感じのシーズンファイナルだった。このドラマめちゃ面白い。途中まで、出てくる異常犯罪者はてっきりフィクショナルなキャラクターだと思っていたから、Edmund Kemperを調べて実在のシリアルキラーだと知って以降、見ている最中にいちいちググる手が止まらなくなった。各殺人犯の英語版Wikipediaにはとんでもない情報量で細かく事件の詳細とか犯人の生い立ちとか書いてあるからつい熟読してしまう。

この作品には凄惨な事件をセンセーショナルに描くような派手さはない。日常に潜む人間が実際に起こした異常行動にFBIが粛々と向き合うリアルさが伝わる堅実で地味な作風なのがとっても良い。私はLaw&Order SVU性犯罪捜査班というドラマがこの世で1番好きなんだけど、あれと同じ感覚で好きかもしれない。

Holdenという男自体はなんかダサくて好きじゃないんだけどエピソードが進むにつれ分析力が増していくと同時にシリアルキラーの世界にのめりこんでいく様が面白い。そして相棒のBillが会話中にパッと発する皮肉めいた言葉の言い回しがとても好き。シーズン2はCharles Mansonのエピソードがあるらしいので楽しみ。