マインドハンター シーズン1のネタバレ・内容・結末 - 4ページ目

「マインドハンター シーズン1」に投稿されたネタバレ・内容・結末

エドケンパーがたまらん。すっごい演技。
殺人鬼たちを理解して影響された気になっていた主人公が最後にものすごい恐怖するシーンが良かった
デヴィッド・フィンチャー好きで見たけどちょっと期待しすぎた感ある。
主人公の魅力が今ひとつで、前半はめちゃくちゃおもしれー!って見てたけど後半は失速する。
ただラストのケンパーとの面会シーンはハラハラした。
自宅で。

Netflix独占配信作品。

総監督は「ゴーン・ガール」のデヴィッド・フィンチャー。

ドラマのレビューは簡潔にやってみようと思います。

3話目から個人的には面白くなった。

凶悪犯とのインタビューシーンはどの人も個性的で興味深い。なによりもエド・ケンパーはすごく…怖い。

他の刑事物と違って派手なシーンは無いものの、仄暗い人間の闇の部分に手を突っ込み続けているような感覚になった。

シーズン2は観るかなー、どうかなー。
記録
②2019/12/13
吹替
①2018/5/6
吹替
淡々とみることができました。
おもしろいです。不穏なのがいい。
「ファイトクラブ」が大好きなので、みていて個人的には、「ファイトクラブ」らしいところがいっぱいあって大満足。やたらと飛行機内のシーンが多いところとかライティングや全体的なカメラワークなどから。デヴィッド・フィンチャーが監督していない回でもそれを感じました。
1-9のラスト、クレッグがテープを査察に持っていくシーンで終わりますが、ちょっと無理があるなぁと感じました。テープを燃やすことに決定したのに、何でグレッグにテープを持たせたままなのか。さすがに、ずさんすぎると思います。
1-10でのホールデンの犯人を手玉に取るような取り調べと、エドに詰め寄られてたじたじになる対比のようなラストが良いと思いました。
シーズン2もめちゃくちゃ期待です。
おやおや?とは思っていたけどやはりフィンチャー。普通では終わらせないあたり。
でも普通の思想だよなと思ってしまうあたりは私もおかしいのかとかちょっと思ったり。完全にマインドコントロールされてしまっている。
シーズン2が楽しみ。
そんな面白くないなーと思いながら、結局最後まで観た。ツェッペリンに救われた感否めない。ていうか、エンドロールの選曲、いちいち狙いすぎだよなー。
ラスト1話で呼吸困難になりそうなほどのめり込んでた
David Fincherの新作ドラマ。
折角Netflixを観られるなら、この監督の作品は観るしかないでしょう。
※ドラマはエピソード鑑賞毎に逐一更新。

1.エピソード1 ☆3.0
いきなり頭吹っ飛んで面食らう。海外ドラマを全然観ないので、ドラマだと割と普通に表現OKなのか、Netflixだから自由にできるのか分からないが、あんな見事な肉片の飛散を見たことがない。
そして、オープニングはFincherらしさ全開。sevenで垣間見た死体のクオリティの高さも感じられる。Fincher作品の死体が1番ゾクゾクするんですよね。
ホールディンと現場警察の考えの相違、どっちにも感情移入できるからこそのもどかしさ。
まだまだ導入といった感じで、ここからどう展開していくのか楽しみ。
-2017/11/03-

2.エピソード2 ☆3.0
「狂気を理解せずして
奴らに勝てますか?」
殺人鬼の思考を考察し究明する事で、事件解決の糸口を探って行く。
遂にスタートラインに立った印象を受けた。ここから加速度的に面白さが爆発する事を期待。
-2017/11/06-

3.エピソード3 ☆3.5
心強いカー博士の登場。
少しずつ、だが着実に準備は進む。
逮捕までが上手く行き過ぎている気もするが、このドラマに段々と虜になっているのは明らかで、合間合間でのちょっとした会話がいい。挿入される曲も一々イカす。
-2017/11/07-

4.エピソード4 ☆3.5
テンチの家族構成など新たな事実も発覚。
ラストシーンのエレベーター内の3人のあの綻びが好き。
-2017/11/08-

5.エピソード5 ☆3.5
単純にミステリーとしての面白さ
犯人は、誰だ。
-2017/11/09-

6.エピソード6 ☆3.5
カー博士、まさかの同性愛者だと発覚。
そして、決断に惚れ惚れ。レベルに達してないと他の人間切り捨てちゃあ、世界全体への貢献にはならない。自分の保身ではなく、より良い治安を目指して…格好いい。
研究の進行が主だから、特別な派手さはないけど、ドラマでしかできない展開には胸を掴まれる。どういう結末に落とし込むのか、楽しみでならない。
-2017/11/11-

7.エピソード7 ☆4.0
蝕まれていく2人。ここまでを丹念に描写したからこそ、効果は絶大。
-2017/11/12-

8.エピソード8 ☆4.5
仕事でもプライペートでも追い詰められるホールデン。胸が痛い。
-2017/11/13-

9.エピソード9 ☆3.5
校長の奥さんのシーンやられた。
自分も校長を気味悪いと思っていたけど、それはもしかしたら誤解だったのかと思わせられてしまった。
これだから難しい。どうしたら予防できるのか。
-2017/11/14-

10.エピソード10 ☆4.0
-2017/11/17-


[総括]
様々な伏線を残して終了。
実に堅実な作りのドラマで、そういった作品が陥りがちなエンターテイメント性の欠如も見受けられず、見応えがありました。
ただ、ホールデンの未熟さが自分は苦手。そこがこのキャラクターの魅力なのは重々わかっているが、単純に、調子乗るなよと、苛つかせられる。Fincherはシーズン5までの構想があるそうで、ここから成長していくのだろうけど、こっちの我慢のギリギリでした。
シーズン2はいつになるのか。続きを楽しみにしています。
映画「ゾディアック」は、
完成されていた手法だったんだと
分かった。
文句のつけようがないです。

エドケンはかわいい奴
|<