マインドハンター シーズン1のドラマ情報・感想・評価

マインドハンター シーズン12017年製作のドラマ)

Mindhunter Season 1

製作国:

4.2

あらすじ

「マインドハンター シーズン1」に投稿された感想・評価

茶一郎

茶一郎の感想・評価

4.8
0
動画でのレビューはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=nsOQ_hV5pyQ

【記録】
 狂気。鑑賞中、口が静かにあんぐり開くほど、じっとりと驚かされるシーンがある。
 『ハウス・オブ・カード』でドラマシリーズも成功に導いたデヴィッド・フィンチャー製作総指揮のシリーズ(内、4話監督)。他、監督は『AMY エイミー』でアカデミー賞受賞のドキュメンタリー監督・アシフ・カパディア氏、『ある戦争』、『偽りなき者』のトビアス・リンホルム監督、『ユー・ウォント・ミー・キル・ヒム』のアンドリュー・ダグラス監督が並ぶ、もはや一流劇映画の布陣。
 一見、殺人鬼モノということでフィンチャーの『ゾディアック』的雰囲気もあるが、物語の軸は猟奇殺人鬼についての研究を進めて犯罪捜査のシステムを更新するというイノベーションに挑戦する青年(若手FBI)の物語として『ソーシャル・ネットワーク』と並べて語ることもできます。
 とにかく毎話登場する殺人鬼との会話シーンが凄まじく、作品内のブラックホールに吸い込まれるようにハマってしまった。
saorilondon

saorilondonの感想・評価

5.0
0
シリアルキラーのプロファイリングを始めたFBI捜査官達の話。出てくるシリアルキラーズはみんな実在した人物達。似てる😱
映像もストーリーもキャラクターも本当に本当にクール!!!女性陣も最強にかっけええ!!
toggano

togganoの感想・評価

4.5
0
ドラマの尺でやる意味を感じる。
長い時間の中で展開が多いことが推進力になるのでは無く、画面の良さ、どう進むのかのわからなさで持たす。不穏な空気が満たす。
booo000cha

booo000chaの感想・評価

4.1
0
デビットフィンチャーの暗い感じ、そのままに重厚感のある作品でした。
出てくる殺人犯が実在する人と似てること似てること。最終話のホールデンとエドケンパーとのやりとりは背筋が冷やっとしました。
サイコパスは理解できない…わからない…。
天カス

天カスの感想・評価

-
0
お話はサミュエル・フラーの『ショック集団』のようなミイラ取りがミイラになっちゃう系っぽく、テーマはジョゼフ・ロージー版の『M』などの、犯罪者がシステムのバグのように突発的に発生するのではなく、社会の軋轢の中で生まれた理由づけの可能なものであることを前提としたもの。近作だと『ジョーカー』とかありましたのでこのタイミングで見たの正解かも。

編集のリズム。ライティング。クロースアップの使い方。カメラの置き方。人物の配置。音楽の鳴らし方から効果音までサスペンスの醸成に寄与している。たびたび起こる音の氾濫(バーの中や空港、刑務所の中などの群衆の音)が特に印象的で、外の世界≒社会(シリアルキラーを生み出す) の存在を裏付けているかのよう。

独走を始めるホールデン・フォードのマチズモとその他のFBIメンバーの知己の対比。

犯罪者の心を最も理解できるのはその捜査官であるというのはよく言われる話で『攻殻機動隊』の草薙素子と人形使いに代表されるようにフォードとケンパーは心を通わせるが、マチズモでカバーしきれない両者の決定的なズレが発露するシーズン1ラストは非常に良かった。ケンパーが「君と融合したい」と言わなくて良かったと心底思った。
YURImovie

YURImovieの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

プロファイリングができる前の世界とそれを作り出す過程が面白かった。
デヴィッド・フィンチャーらしい暗い感じも最高に渋かった。
フウタ

フウタの感想・評価

4.0
0
おもしろい👏👏👏
おもち

おもちの感想・評価

-
0
記録
ハイジ

ハイジの感想・評価

4.0
0
淡々とした会話劇がメインなんだけど、犯人がプロファイリングされていく過程や担当刑事たちのある種の狂気みたいなものがじわじわ感じられて怖かった&面白かった!
何よりエド・ケンパー似すぎでしょ…まじで本人かと思ったわ……
>|