マインドハンター シーズン1のドラマ情報・感想・評価

マインドハンター シーズン12017年製作のドラマ)

Mindhunter Season 1

製作国:

4.2

あらすじ

「マインドハンター シーズン1」に投稿された感想・評価

なかなか面白い
主人公賢いのかバカなのかわからんけど、
フィンチャー節炸裂
独特の雰囲気さすがフィンチャー。
これだよこれ!
1話目が作品の導入として完成されすぎてて、一気に世界観にのめり込んだ。

映画だと羊たちの沈黙
ドラマだとトゥルーディテクティブ(シーズン1)
みたいなの好きな人にオススメしたい。
ヌヌ木

ヌヌ木の感想・評価

4.5
0

このレビューはネタバレを含みます

もともと持っていた「弱さ」を否定され続けた男たちの犯行なんだと思うと「男らしさ」の呪いは本当に恐ろしい、というかその男性性によって被害を被るのが女なのが本当に勘弁してくれと思った。
クィア・アイで何度も言っていた「弱くてもいい」という言葉を心に刻んでおきたい。
しめさば

しめさばの感想・評価

5.0
0
フィンチャー推し必見
視聴開始
ますけん

ますけんの感想・評価

5.0
0
記録
kanegon

kanegonの感想・評価

4.0
0
フィンチャー節が冴え渡る、クリミナル・マインドとはまた一味違ったプロファイリングドラマ。
Albert

Albertの感想・評価

5.0
0
ドラマほぼ観たことないんだけど今まで観た中で間違いなく一番面白い。エドモンドケンパーが可愛くて好き
面白い!アクションがない心理分析なのにこんなに引き込まれるとは
ESR

ESRの感想・評価

4.2
0
犯罪者の心理を分析し、プロファイリングの手法を確立しようと試みるFBI捜査官ホールデンとその同志のストーリー。
テンプレ的な、凄惨な事件の映像描写やそれを主人公が解決するカタルシスのあるドラマとは異なる手法が特徴。

やはり研究対象である連続殺人犯との面会シーンに一番惹きつけられる。
特にエド・ケンパーの人物描写と俳優の演技が秀逸。彼の殺人犯としての自分を客観視するインテリジェンスは、本来憎むべき社会の敵である惨殺犯に、好感すら覚えるような興味深さをもたらしている。

また、ホールデンが地元警察から相談される形で捜査協力することになるいくつかの事件は、何ともいえない後味の悪さで終わり、会話劇中心でともすれば単調になりがちな本作に刺激を与える。

何人もの連続殺人犯と接する中で思想や行動が先鋭化するホールデン(その過程の恋人との関係悪化やよくある組織のゴタゴタは凡庸な感もあったが)と視聴者に冷や水を浴びせるようなラストにも、次シーズンへの興味をかき立てられる。
>|