Toropicolove

マインドハンター シーズン2のToropicoloveのレビュー・感想・評価

マインドハンター シーズン2(2018年製作のドラマ)
4.1
【まるで霧の中を歩いている感覚。人間とはどこまで残酷になれるのか】
話の展開などはS1とさほど変わりなく劇的に変わるというまではいかない。あくまで個々人の私生活に変化が及ぶくらいだ。
基本的にマインドハンターは「重大事件の犯人が○○刑務所にいる→犯罪研究のためにその刑務所に向かい犯人に会う→話を聞き録音をしてデータを取る」という一連のレーンはS1から引きつづき描かれる。しかし今作は今まで培ったノウハウを発揮するような展開になる(とはいってもまだまだ研究中なので手探り観はいがめないが)。それに加え今シーズンはメインの話と並行して各話の最初にとある事件のサブプロットも加えより一層不気味さに深みが増している。しかしそれ自体は協調はせず物語のエッセンスとして数分のシーンにとどめている。しかしそのあっさりとした見せ方でもこちらの心をぐっとつかむのは簡単に見えるがかなり難しい。

個人的に好きなのが事件の犯人を誇張して描かず犯人そのものを描いているところだ。それがどんなに有名な事件で有名な犯人であろうとも、誰でも知っているような犯人の姿であってもそれは事件を起こした一人の「人間」であるとこちらに認識させる力量がすさまじい。さじ加減が非常にほどよい塩梅である。例えば今シーズンではシャロンテート事件や自らの名前を冠したファミリーを引き連れていたチャールズ・マンソンが出てきたがあっさりとした程度しか出演していない。

カメラの取り方にもこだわりを感じ時に荒く昔のフィルムで撮影したような演出を取り入れとても味わい深くかなり手法も映画的で好感が持てる作り込み。ところどころ制作人のこだわりも感じられ、ますますシーズン3への期待がこみ上げるばかりだ。