図書館戦争 ブック・オブ・メモリーズのネタバレ・内容・結末

「図書館戦争 ブック・オブ・メモリーズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

これは小牧幹久の神回!!🎞
これも前作同様10回くらい見た^^

これで田中圭のこと好きになった人多いのでは?と思うくらいほんとかっこいいんだよなあ、、、

この作品は小牧教官と鞠江ちゃんの恋愛だけじゃなくて、笠原の親子の話だったり柴崎と手塚の恋愛もちょっとあってどこを切り取っても面白い!

もう小牧教官と鞠江ちゃんの再会シーンは何回見ても良い!良いものは良いんだ!!(笑)
鞠江ちゃんの会見のスピーチは何回聴いても胸にグッとくる。そしてそのバックで小牧教官を取り返す図書隊のシーンがとても良い。小牧教官が足で車のドア蹴って出てくる所好きすぎて何回も戻して見た(笑)

図書館戦争の恋愛シーンって見ててすっごくニヤニヤしちゃう!キュンってくる!!

もう見て。とりあえずたくさんの人に図書館戦争全シリーズ見てほしい!!!
映画に続けてすぐ視聴

今回は図書隊それぞれの人間関係を見れて、アクションだけじゃない面白さがあった

たおちゃんの演技力凄すぎる
あれだけフラッシュたかれて瞬きひとつもせず、、、

堂上も面白かったけど、最後の頭ぽんぽん少し強引、、、?笑


最後の松坂桃李は声で平山浩行とばかり思い込んでたから、顔見てびっくり。
最終章、たのしみ。
図書館戦争シリーズで一番好きだし心温まる

いつも堂上教官にガヤを入れる小牧だけど、今回は健気にまりえちゃんを守る姿がイケメンすぎる。
「もう子供に見てなくて困ってるよ」🤦‍♀️

小説の本を読みたくなった
もう子供に見えなくてこまってるよ、とか言われてみたい人生だった
小牧教官にフォーカスしてて最高だった。
ハグするシーンの圭くんがかっこよすぎてきゅんきゅんした。
「もう子供に見えなくて困ってるよ」
この名シーンだけは知ってたけど改めてみるとめっちゃ感動した。

圭くんに惚れ惚れしてたら、堂上教官も郁の両親が茨城に帰るの覚えててくれて、きゅんの上乗せされた。
「大切な存在です…部下として」
堂上教官、頭よしよししたり毎回反則じゃない?

図書隊ってかっこいい。
もし実在したら就職したいと思える程、図書隊の人達の信念に共感した。それに図書隊には美男美女が多い。

好きな本を読めるって幸せなことだと思った。
図書隊として活躍する彼らのオフショットが見られ、それぞれの恋愛要素もギッシリ詰まっている。
3部作の中で最も好きな作品。

個人的には、堂上と小牧が食堂でビールを飲むシーンの「あるいは時間?」からの上目遣いが…大好物。

表情、セリフ全てがちょっとキザなのに、寒くならないのは圭さんが役を生きているからだろう。

岡田くんから「この作品は圭くんにかかっている」とプレッシャーをかけられただけあり、まさに田中圭さん演じる小牧と、土屋太鳳さん演じる毬江ちゃんを中心として進んでいく物語。

毬江ちゃんは聴覚障害のある女子高生で小牧の幼馴染。
小牧を見る目から彼への好きな気持ちや切ない思いが物凄く伝わる。

そんな毬江ちゃんを見つめる小牧さんの目は優しさに溢れていて、こんな目で見つめられたら好きになっちゃうだろうなぁ。
と思う程に素敵だ。

小牧が毬江に薦めた本が障がい者に配慮していない不適切な本だと言う不当な理由で拘束される小牧。

不謹慎ながら、この拘束シーンはとても美しい。
尋問?する相手が高身長で、彼を睨む小牧さんの上目遣いがなんとも色っぽい。
高身長俳優さんをキャスティングしてくれた事に感謝。

水をかけられてもなお美しく、ひんやりとした床に横たわり天井を見上げながら、毬江ちゃんを思い話す小牧さんの姿。
コンクリートと田中圭のコラボレーションは何故か私の心を掴んで離さない。
何度巻き戻して見たことか。

そしてざらりとした肌感が何ともリアル。
いつも思う事だけれど、弱る圭さんの色気は半端ない✨
ついついそういうシーンを求めてしまう。

記者会見で毬江ちゃんが慎重に伝える言葉はとても心に響く。

差別ってだれが決めたの?
差別してるのはどっちですか。
全て不当な言いがかりです。

ワイドショーなどを観ているとたまに同じような事を思う。
当事者の思いや、気持ちは置いてけぼりにして、周りがどんどん決めつけていく。
それを見た多くの人がまた意見を拡散する。

小牧さんから毬江ちゃんが薦められた本は耳の聞こえない女の子が好きな人と結ばれる話。
それはきっと小牧さんから毬江ちゃんへのメッセージ。

本を大切そうに読む毬江ちゃんの表情から毬江ちゃんにもしっかり思いが伝わっている事が分かる。

仲間たちによって助けられる小牧。
フラフラになりながらも力を振り絞り、車から仲間の元へ走るシーン。

堂上の前で膝から崩れるところ、堂上の言葉に対して小牧が発する「えっ?」の声。
一瞬だけれど物凄く好きなシーンだ。

そして…このドラマといえばなんといってもあのシーン。

小牧と毬江の再会。
毬江を見て一瞬、泣き出しそうな安堵の表情を見せる小牧。
すぐに表情を戻し、お互いがしっかりと見つめ合いながらの抱擁。

そしてあのセリフ…
「もう子どもに見えなくて困ってるよ」
背伸びをして小牧さんに抱きつく毬江ちゃん。
愛おしそうに毬江ちゃんを抱きしめて首元に顔を埋める小牧さん。

福士蒼汰さんが映画の舞台挨拶なのに、ここをいちばん好きなシーンとしてあげて、皆んなを戸惑わせるほどの、愛と感動の溢れる美しすぎるシーンだ。

小牧と毬江ちゃん…今頃何をしてるのかな?
きっと小牧さんは王子様のように優しく毬江ちゃんを包んでいるんだろうな。

またいつか2人の続編が観たい。

〜特典映像〜
メイキングは短いながらもキャストへのインタビューや、監督スタッフのこだわりや作品作りの裏側が観られる。

小牧さんはあんなにビジュアル完璧なのに、インタビューの圭さんはやっぱり少し緩やかで眠そうなお顔。

テロップに
「撮影現場では土屋太鳳の純粋さに照れっぱなしの田中圭」と書かれているのが微笑ましい。

キャストと大きな声で笑う姿。
太鳳ちゃんと真っ赤な顔で笑い合う姿。
圭さんの明るさやムードメーカーなところが良くわかる。

王様のブランチのインタビュー。
筋トレの裏話や、ピュアすぎる太鳳ちゃんのモノマネをする圭さんなど、見どころたっぷりの特典映像で買って良かったと満足。

〜最後に〜

太鳳ちゃんがブログで小牧さん演じる圭さんに対して語っている言葉がとても素敵だったので抜粋。

『小牧さんが毬江ちゃんに次の本を選んであげる時、小牧さんは、毬江ちゃんの肩に手を置きながら移動するんです。

その手が本当にあたたかくて、小さい頃から見守っているお兄さんのようなあたたかさでもあるんだけど、そこから変わりつつあるあたたかさも感じて、毬江ちゃんがドキドキ出来るようにとか小牧さん自身の中に隠されている気持ちがその手から伝わるように、ちゃんと動きにして表現して、積み重ねてくださってたんです。』

『毬江ちゃんの演技はほとんどが目の表情ですが、その気持ちを引き出せたのは、
小牧さんの目とか再会の場面で車から降りた瞬間の姿全体からの気迫みたいな空気を
見せて頂いたからだと思います。』

圭さんの人の能力を引き出す力。
この頃からだったんだなぁ。
そんな2人が後に2度も夫婦役を演じるんだなぁ。
そして今も変わらず太鳳ちゃんを好きな圭さんがいるんだなぁ。
なんて思うと感慨深くなる素敵なブログだった。


土屋太鳳ちゃんのブログ
https://gamp.ameblo.jp/tao-tsuchiya/entry-12092699117.html?__twitter_impression=true

https://gamp.ameblo.jp/tao-tsuchiya/entry-12084289488.html?__twitter_impression=true
たなかけ〜かっこいい〜

「堂上が恋心をうっすら自覚するまで」なのがいいな
よかった!やっぱりキャストがいい
話もとてもよかったし田中圭にドキドキした〜!てか所々のキュンキュンがたまらない!
土屋太鳳が若くて綺麗で瞬きしないとことかすごいよかった
土屋太鳳のまばたきの少なさ、あれはきくな。会見のシーンでは泣かされた。瞳が綺麗。まっすぐ。
この作品は小牧教官のあの台詞を聞くためだけに観てもいいレベル。今日もご馳走さまでした。
アクションシーンが少なくても隊員たちの関係性が徐々に際立つ様子が丁寧に描かれてるから見応えがある。
小牧教官との再会のシーンはキュンキュンしすぎて3回は巻き戻しました。最高

映画に続く種も蒔いてあって、次が観たくなる作りになってて面白かったです!
>|