ひつじさま

初めて恋をした日に読む話のひつじさまのレビュー・感想・評価

初めて恋をした日に読む話(2019年製作のドラマ)
4.0
かなりよかったと思う。

私はこのドラマの一番のテーマは、恋愛よりも、自己肯定感だと思っていて、当初は自己肯定感最低のゆりゆりと順子が二人で一緒にそれを得ていく過程が何とも爽やかで良い。

私も東大卒なのでわかるけど、たしかに勉強ってめちゃくちゃ真剣にやれば自己肯定感爆上がりするんだよね。このドラマは受験を単なる苦行としてじゃなくて、ポジティブに描いているのが好感度高い。

あと見てまず思ったのが、原作者は受験についてものすごくリサーチしてるのでは。私が見てもかなり現実的なラインで書いていて、それがまた高校生との恋愛という非現実さを浮かせすぎていなくて成功していたと思う。

個人的には年齢差カップルってそこに絶対搾取とか支配性があるから好きじゃないんだけど、ゆりゆりと順子には互いの自己肯定感に不可欠な存在で、そういう人間関係をベースにした恋愛感情だからか、結構健全な感じがしていつもみたいな嫌悪感は感じずに見れた。

まさしも山下くんも、いい人だし、順子のことをダメな部分も含めてそのまま好きになってくれてるけど、やっぱりゆりゆりと順子みたいな、この人といる自分のことが好き的な、今の自分が好き的な、そういう自己肯定感上がる恋愛が1番良いよなあキラキラしてるなあ、ラヴっていいなあ素敵だなあという事を久しぶりに思ったw 少女漫画を忠実に映像化していたのも綺麗だった。

最後らへんは微妙だったのと、結婚への脅迫観念強すぎない?とか、現実で塾講師として働いてる人に失礼すぎない?みたいな発言が多少あったりしたので、若干モヤモヤはしたけど… そこら辺が日本なんだよなあ