きゅうり

初めて恋をした日に読む話のきゅうりのネタバレレビュー・内容・結末

初めて恋をした日に読む話(2019年製作のドラマ)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

・とにかく個人的に刺さった。受験受験!みたいな感じで生きてきた人間、大抵経済的にとか家族がちゃんといるとか、受験のプレッシャーとかそれに付随する人格形成とか以外の面ではすごく恵まれてて、そうなのだということに気づかせられる相手に出くわした時にやっと偏差値で測れない部分で成長できるのかもな!と思った
・横浜流星の目、明らかにめちゃくちゃ好きな人を見る目なのだが、公共の電波に流していいものなのか。1話から総じて横浜流星の目の演技がめっちゃよかった、これは売れるわ、、、って思った
・とにかく純粋に人をおもう人の愛が詰まっていて、受験というのは競争!人格否定!みたいな感じに描かれがちだけど、みんなで頑張って結果出す!みたいな感じでひとつのスポ根ドラマとして成立していて良かった