Mrsフロイ

メゾン・ド・ポリスのMrsフロイのレビュー・感想・評価

メゾン・ド・ポリス(2019年製作のドラマ)
3.0
原作は小説「メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス」加藤実秋著。
元現場の敏腕刑事、元科捜研のプロ、元警視庁幹部、所轄の元事務方の一癖も二癖もありそうなおじさんやらお爺さんが、一軒の屋根の下に暮す、名付けてメゾン・ド・ポリス。

そんな館を新米女性刑事の高畑充希が事件捜査の為に訪れるところから始まる第一話。
とても面白くなりそうな設定に、芸達者な役者を揃えてのスタートに期待がかかる。

あとは脚本と演出に負う所が大きい。
コメデイのつもりでいると、事件や犯罪者の造形がミステリーの運びでちょっと戸惑う。

今後どこまで個性溢れるおじさん達を描き切れるかにかかっている。脚本は黒岩勉(ストロベリーナイト)。

世は高齢社会、退職おじさんの問題は国家的課題の今日この頃(^_^;)