食パン

メゾン・ド・ポリスの食パンのレビュー・感想・評価

メゾン・ド・ポリス(2019年製作のドラマ)
1.5
お爺さん達と高畑充希のシーンは、まるで舞台を観るような台詞劇だが、演出やシナリオが陳腐で観てられない。ベテラン俳優が思いのほか頑張ってるが空回り感凄い。うーん!脚本や演出が全てを無にしてるドラマの典型かなあ!これ程ギャグが全てスベってる脚本も珍しい!シンプルに退屈!高畑充希好きだけど魅力的じゃないのはキャラのせいか俳優のせいか脚本のせいか何なのだー!期待し過ぎたー!