ak

メゾン・ド・ポリスのakのレビュー・感想・評価

メゾン・ド・ポリス(2019年製作のドラマ)
2.4

原作未読。緩く観られそうな刑事ものを観たくて。

設定はとても良かったんですが、主人公のひよりちゃんが最初はシェアハウスの人たちをあまり良く思っていなかったのに、とある回から急に懐き出したり、高畑さんの時折闇を感じる目力(黒目が大きいのと髪型のせい?)がどうしても馴染めず、途中は惰性で観てましたが、ラストで急に舵の切り替えがあり盛り上がってくるので、そこからは楽しく観ることが出来ました。

もう少しおじさまたちの特性を生かした事件や、みんなの掘り下げがあれば良かったかなと。ポップな雰囲気なドラマとキャスト陣の重鎮さが、上手に混ざってないように感じました。