rollin

全裸監督のrollinのレビュー・感想・評価

全裸監督(2018年製作のドラマ)
5.0
おっき不可避!!( ᐛ )

和製ブレイキング・バッドの爆誕!!
アダルト業界のジェームズ・キャメロンこと、村西とおるを山田孝之が演じるというだけでも一見の価値アリ!
うだつの上がらないセールスマンだった山田孝之が、メンター・板尾創路とNTR属性を得て、日本列島を舞台に性欲解放戦線を展開していく革命/英雄譚。地上波では絶対放送出来ない、NETFLIXの新たなフェイズとも言える革新的な試み。

山田孝之は最早村西とおるではなく、ボディも和製ホアキン・フェニックス完全体へと進化した。つまりこのドラマは、控えめに言ってポール・トーマス・アンダーソン監督の『THE MASTER』に匹敵する作品なのだ。ていうかやっぱポルノ版和製ブレイキング・バッドだ。
福田雄一or山下敦弘両監督作品のような弛緩したシーンは一切なく、ひたすらタイトにストイックにエロスの求道者を体現している。

いちいち名言が多くて身が持たない。日本の俳優陣も心なしか水を得た魚のように活き活きと演じてる気がするし、役者冥利が尽きまくってる。
駅弁誕生シーンは、エロいけど何故か物凄く感動的に仕上がっているし、“AVが出来上がるまで”の過程は正真正銘のものづくり。武正晴を通した古き良き井筒テイストも懐かしいし、何よりドラマとして極めてポップで完成度が高い。


瀧正則の不意を打つ登場。川上奈々美の熱演。女優陣もホントすんげぇ。そして唯井まひろの出演を、おれは見逃さない!!