celica

トレース~科捜研の男~のcelicaのレビュー・感想・評価

トレース~科捜研の男~(2019年製作のドラマ)
3.0
「胸糞悪い」
という言葉を使う以外に、どう表現して良いかわからない事件が主軸。

個々のエピソードが、ひとつひとつ感動的な話となっていたけど、もう少しじっくりと描かれていたら、もっと厚みが出たのかなと思う。

主軸となっている事件の結末が気になって見てはいたけれど、犯人側に対してはスッキリする結末ではなかった。
ただ、主人公に関しては別。
復讐をしないという選択は、たいがいの場合、復讐の連鎖を止めるだとか、きれいごとに思えるものが多いけど、暗闇から抜け出す……というのは説得力があって納得できた。

主人公と、カンで動く刑事 船越英一郎とのやり取りが、初めはバランスが悪く感じて、言葉通り「気持ち悪」かったけど、それがこのドラマの“味”だったのかなと思う。