movielover

トレース~科捜研の男~のmovieloverのレビュー・感想・評価

トレース~科捜研の男~(2019年製作のドラマ)
3.0
主人公の言葉による説明でストーリーが新展開を見せること多く、早口かつ抑揚がない喋り方のせいか、一瞬でも携帯とか見ちゃうとストーリーがわからなくなっちゃうくらいに目が離せないドラマだった。

一、二話あたり船越英一郎が浮きすぎててなんだこりゃと思ったけど後半にかけてテンションが下がってよかった。

音楽が刑事ドラマっぽくなかった。ハマってないような新しいような何とも言えない感じ。

勘とか憶測とかは許さないと言ってる主人公(っていうかそれが決めセリフくらいの重大な設定)なのに、結構勘でピンときて動いたり、それ憶測だろ、なこと言ったりすることも多くて脚本の甘さが気になった。

犯人はこの人でしょうね?って早くにわかる配役だった。
でも一番大きい事件の詳細は、へー真相はそんなことでしたかー、想像をこえた答え合わせで驚いた。
ま、折角のそんな変態が変態プレイな事件を起こした件を解決するなら、変態の変態たる所以や段階を踏んだ謎解きとか、最後に全部繋がる、とかもうちょっと仕掛けがあったらもっと面白かったのにな。主人公が憶測喋って相手がそうなのって認めるっていうなんだそれ最終回。