まろ

ケイゾクのまろのネタバレレビュー・内容・結末

ケイゾク(1999年製作のドラマ)
4.4

このレビューはネタバレを含みます

21年ぶりに鑑賞。

リアルタイムで観た時も凄いって思ったけど、今観ても魅力は色褪せず!
(小さい頃によく観れたな…刺激強めやけど)

まず中谷美紀の透明感!
声も顔も綺麗。主題歌も良い。
そして、なんだこの透明感!
若さもあるかもしれないけど美しすぎる。
これは渡部篤郎も惚れてまう。
どうしても2人をそう言う目で見てしまう。

1話1話、事件を解決していき、
伏線を少しずつばらまいて、
最後の3話で一気に伏線を回収。
この進行はアンナチュラルに似てるなぁと思った。

しかし、アサクラは結局どうやって皆んなを操ったのか?
催眠術?暗示?
細かい伏線は回収されないまま、
私たちの想像に任された感じ。

皆さん狂った役の演技が上手くて良かったです。