クリストフォルー

ケイゾクのクリストフォルーのレビュー・感想・評価

ケイゾク(1999年製作のドラマ)
3.5
BSで放映されていたのでひさしぶりに観たが、「古畑」や「踊る」を堂々とパクったシーンもあって、まさしく堤幸彦ワールドの始まりに相応しいドラマだ。 鈴木紗理奈の役名が木戸彩だったのも笑えた。ゲスト出演者も意外に豪華だし、「SPEC」の前に地上波で放映してほしかったよ。