ケイゾクのドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 10ページ目

「ケイゾク」に投稿された感想・評価

みき

みきの感想・評価

1.5
0
途中まではミステリーみたいでおもしろかったけど、個人的には後半がちょっとよく分からんかった…(´._.`)

めちゃくちゃトリックみたいだな〜って思ってたら、監督同じ人でした!\( ・ω・)/
名作!!!
Miki

Mikiの感想・評価

-
0
記録
イザナギ

イザナギの感想・評価

4.8
0
迷宮入りした事件を、中谷美紀演じる変人と天才は紙一重な柴田と、渡部篤郎演じるぶっきらぼうだけど正義感の強い男真山の2人をメインに解決して行くのが、大まかなあらすじ。

個人的には、堤監督作品で一番好きな作品。当時としては、前衛的な映像美溢れるオープニング、中谷美紀が歌うクロニック・ラブの怪しげで美しい唄。オープニングから完璧。

部類としては、ミステリー作品だが、トリックは正直穴が多い。なので、ミステリーとしては、正直弱い部分はある。

しかし、魅力的なキャラクター、シリアスとコミカルが同居してる独特な作風。会話劇の面白さ。魅力をあげれば、霧がない。

ケイゾクは、大きく分けて、前半と後半に分かれる。未解決事件を解決していくのが主軸の前半と、真山の宿敵『朝倉』との対決が主軸の後半。後半に入ると、シリアスさが加速し、コミカル要素はなくなって行くが、その分緊張感溢れるスリリングな空気が作品全体を覆っていく。

個人的には、壺坂(泉谷しげる)と柴田の会話が素晴らしい『2つの眼球』が一番好きです。

後のスペックにも、登場するキャラクターもいるので、ケイゾクを見てから、スペックを見るとより楽しめると思います。

名作❗
ちぴでり

ちぴでりの感想・評価

3.0
0
記録として。
sudaco

sudacoの感想・評価

5.0
0
さいこうによき
ryo

ryoの感想・評価

4.0
0
好き
9I

9Iの感想・評価

5.0
0
雰囲気から全部好き
みきの

みきのの感想・評価

4.0
0
スペックから、過去のケイゾクへ。
耕平

耕平の感想・評価

4.1
0
『ケイゾク』を観始めました。中谷美紀さんに恋してしまいました。第一話の感想は以上です。(2020年9月12日視聴開始)

第二話を観ました。中谷美紀さんがめちゃくちゃ素敵。感想は以上です。

第三話を観ました。今まで三話全ておそろしくテンポが良くて、「え、いや、もっとそこ掘り下げないの!?」と驚くのですが、これで最後までいくんでしょうか?『スペック』映画版にこの3分の1でもテンポの良さがあれば...

第四話を観ました。安原M広くんに激似の役者が犯人でした。続けて『第五話』を観ました。ハンディカムのまえでカメラ目線でふざける中谷美紀がローラ・パーマーに重なって『ツイン・ピークス』じゃん!となりました。とりあえず今夜は以上です。

第六話を観ました。プラスチック爆弾と学生闘争を絡める引退直前の刑事に当時50ちょいの泉谷しげるはさすがにキャスティングに無理がないでしょうか…

第7話を観ました。「完璧な投資対象としてのアート市場」というテーマを1999年時点でやってるのは凄い。クローネンバーグ版『コズモポリス』(2012年)、ジェイムズ・フランコ出演『プレイタイム』(2013年)より断然早いやん!

昨夜第八話を観て、今夜第九話を観たのですが、マジのガチでツインピークスまんまやん!すでにカツタケにネタバレされてるとはいえ、リアルタイムで観てた人もオチわかったんちゃうのこの時点で?

第十話を観ました。『ナイト・オン・ザ・プラネット』で車内でタバコを吸いまくるウィノナ・ライダーがとにかくクールで絵になって大好きなのですが、中谷美紀さんの車内喫煙シーン、それに勝るとも劣らないクールさと絵になり加減で胸の高鳴りが止まりません。恋しちゃったかもしれ文字数

ケイゾクTV版最終話を鑑賞したのですが、「続編が待たれる衝撃のラスト」ですらなく、単純に終わってない感がエグいような… それに関しては『スペック』と完全一致だなぁ。ツインピークスは映画版はあったけどTV版のラストがそれは見事だったのに…(9月21日鑑賞済み)