マンダロリアン シーズン2のネタバレ・内容・結末

マンダロリアン シーズン22020年製作のドラマ)

The Mandalorian Season2

公開日:2020年10月30日

製作国:

4.6

あらすじ

「マンダロリアン シーズン2」に投稿されたネタバレ・内容・結末

やっぱりジェダイって強いな…ルークが登場して強いドロイドを倒していくシーンがローグワンのラストのダースベーダーが反乱軍の船員殺していくシーンと重なるというか圧倒的すぎる。
マンドーさんの掟<ベイビーヨーダになっていく過程が良いな〜
面白かった…
アソーカとルークの客演は言うまでもなく歓喜だったけど、まさかテムエラ・モリソンのボバが観れるとは…

個人的な事を言わせてもらうとシークエル三部作を全然好きになれなくて幻滅しちゃってたからTCWやマンダロリアンのようなスピンオフを観てまだまだスターウォーズに可能性を感じられて嬉しい。
ボバもオビワンも楽しみ…
歴代スターウォーズの中で一番面白かったかも!ジョン・ファヴローありがとう!
蜘蛛と戦う話とかはどうでも良かったんだけど、後半に行くとこれまでの登場人物も再登場しつつどんどん盛り上がってきて、最終話は最高!みてよかったー。
あと、マンダロリアンがこんなに強いなら表舞台に出てたのでは、と思って検索してみたらちゃんとボバ・フェットという人がエピソード5とかに出てたのか。そして見たような写真…。同じ装備!ライトなファンには気づけませんでした。シーズン3も決まってるみたいなので、全盛期のジェダイ再登場にも期待大です。
夢にまで見た実写アソーカ・タノ…嬉しかった…
ラストは素敵だった、、、ここからはボバ編になってしまうようですが、ベビーヨーダはまた出てくるのか…
特に最終回は1000点!爆アツシーンてんこ盛りでした。ルーク登場時にスターウォーズのテーマ流せばいいのにとか思った。
アソーカとボバフェットもアツすぎ。あと戦闘がかっこよすぎ!
グローグかわいすぎ、卵食うな。
ルークやんんん
泣いた。
いろんな意味で最高すぎて泣いた。

映画やドラマ、アニメ、全てにおいて言えることですが二作目が前作より劣るというのは、例外なく当てはまると思うんです。

しかし、しか〜し。
こちらは前作をはるかに上回る面白さで驚いたわ。一日足らずで観てしまいました。

まだ多くを明かされていなかったザ・チャイルド(グローグー)の出生の謎、ジェダイの登場を予感させるアソーカの台詞、そして悪役のモフ・ギデオンと伝説のアイテムであるダークセーバーの繋がりなど、
これまでのSW作品に深く繋がる物語が描かれており、目が離せないです。
まるで飽きさせない展開。

とにかくジョン・ファヴローやデイブ・フィローニのSW愛をひしひしと感じたな。ジョージ・ルーカスへの最大限のリスペクトと。
かと言って懐古的すぎるわけではなく、ルーカスが築いた礎を重んじながら新しさに挑戦している点。
よく練られた構成には感動しまくり。

シリーズお馴染みの乗り物によるチェイスシーンが満載!
スピーダーバイクやXウィング、タイファイターの登場。マンドーの宇宙船レイザークレストは、ミレニアムファルコンを彷彿とさせる飛行を見せてくれます。見応え抜群。

そして満を持しての登場、ボバ・フェット!
ちょっとあんた〜〜〜〜カークーンの大穴に落ちて、惨めな死に方してなかったのね〜〜〜〜
帝国軍の残党に奪われたザ・チャイルドを救い出すべくチームマンダロリアンとして共闘するんだから、どんだけワクワクさせる気よ…

歓喜と感動と大きなサプライズ。
特に最終話は神回すぎて、気が狂いそうでした。

マンダロリアンとモフ・ギデオンの死闘を経て、ザ・チャイルドをなんとか奪い返したのに。
最後の最後で手に負えないほどのダークトルーパーに襲われてしまう……

すると1台のXウィングが登場…
緑のライトセーバーを操り、ダークトルーパーを次々と倒していくジェダイ。
まさに無双でした。

誰だ…
右手が機械に見えたような…🦾
まさか…

その正体は、なんと、なななんと、ルーク・スカイウォーカーでした。

うわああああああああああ

ジェダイの登場は噂されていたけど、まさか若かりし頃のルーク登場とは。これは予想外の展開。
R2-D2まで登場しちゃうんだから…

そしてここからは本当に泣いた。
そう、ザ・チャイルドとの別れのシーンだ。マンドーが自分の意志で、人前でマスクを取るのだ。
あのときのマンドーの表情。
思い出しただけで泣けてくる。
父の表情をしてたんです。

思えば、SWはダースベイダーとルークスカイウォーカーという運命に翻弄された父と子の劇的な関係が大きなテーマでした。
ダースベイダーがルークに自らが父親であることを明かすシーンを想起させる。そんな“新たな親子愛”の結末に涙せずにはいられないよ…

本当に傑作です。
「ローグワン」と「マンダロリアン」はSW史上一番の出来の良さだと思います。
しかし全ての始まりであるジョージ・ルーカスのすごさに改めて感動するなど。
シーズン2開幕当初はこれモンハンやんってなって観る気を失いってしまい3話で挫折。
改めて見返していくとどんどん面白くなっていきました。

ボバ・フェットに関してはあそこで死んだ方が愛せるキャラだったよなと思いつつ、生き延びた結果こんな話に繋がるのね、と感心しました。
ボバくん、こんなに筋を通すキャラだったのかい。父親のこともありジェダイは滅法嫌いだろうに。

アソーカはアニメシリーズをほぼ観てないのであまり知らない人って感じ。これは予習不足でございました。

ラストエピソードでまさかの!!ルーク!!
R2まで登場しちゃって!!
グローグーとはここでお別れですが、また会えるよね。きっと。
グローグーとお別れしたくない〜!!
シーズン1より絆を感じた。
ボバ・フェットがかっこよかったのでスピンオフも楽しみ!
スターウォーズ普通に見てたけど全然詳しくないっていうレベルでもシーズン2の最終話までどんどん楽しくなってマンドー大好きになったので詳しかったらもっと楽しかったのかと思うと悔しい!メイキングも超楽しい!スターウォーズ最初から復習してもう一回見る!
>|