サバイバー:宿命の大統領 シーズン3のドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 7ページ目

「サバイバー:宿命の大統領 シーズン3」に投稿された感想・評価

1週間で完走。やっぱこのシリーズ面白いわ。。
今シーズンはとにかくエミリーを見てるのが辛かったー🥺ほんと色々辛かったね。。
あと、ハンナ!でしゃばり過ぎなとこあるけど一番好きなキャラだったのに!!あと、ドンテにはイライラした!感染の可能性低いから言わなかったとか、意味わからん。納得する相手も相手だし。
イザベル×アーロンと、マーズ夫妻は対照的な最後。人って自分のことを心から信じてくれる人を好きになるよね、確かにね、としみじみ。

全然スッキリ終わらなかったし次シーズンもあるかな。楽しみ!
J

Jの感想・評価

4.5
0
後半戦はもう止まらなかった。感動もあり、よりリアリティに寄せた内容になってた。
エミリーやっぱ最高!
TatsuyaSaito

TatsuyaSaitoの感想・評価

3.6
0
この手の映画の中でも
面白い。

政治の裏側はとても大変だと思うし
私生活も人権もないんだなとおもった。
Kumi

Kumiの感想・評価

3.4
0
シーズン2で打ち切り予定だったのをNetflix様が復活させてくれて配信‼︎

あたしの大好きなマイク・リッター護衛官がいなくなったのは悲しい。
ってか、なんでいなくなったのか説明もないし、どうしたんだろう?

あと、前シーズンで登場した弁護士と政務補佐官だっけ?
あの2人も消えちゃって寂しい。
いい味出してたのに。

今シーズンから登場したIT担当のドンテ?
字幕ではドンテだけど、発音では絶対にダンテだと思うんだよね‼︎笑

あと選対本部の女の人。
やり手だけど汚い手を使ってでも勝つ‼︎ってのが誠実さを信念としてるトムと合わないんじゃ、、、?
と思いつつ、必要悪なのかなって思ったり。

Netflixオリジナルシリーズになったからなのか、ホワイトハウス職員の口が悪くなってる気がする。笑

このシーズンの大筋は大統領選挙がベースだから仕方ないけど、トムがどんどん政治家になってるのもちょっと悲しい。

結構泣けるシーンも多いし。
エミリー。すごいな。
一緒に号泣してしまったよ( ;∀;)
TAKAMASA

TAKAMASAの感想・評価

4.1
0
シーズン3ではかなり切り込んだテーマを盛り込んでおり、世界観にリアルな重みを感じられる。そのおかげか?後半カークマン政権の色がガラリと変わっていく。
ysk

yskの感想・評価

4.5
0
おもしろい。
途中まではこれだけだったが、
最後は政治家の怖さを見た気がした。
OKW

OKWの感想・評価

2.0
0
トム・カークマンは一体どこへ行った?
彼を支えてきた人物たちへのあまりの敬意のなさに失望を禁じ得ない。彼はハンナ・ウェルズ、エミリー・ローズに足を向けて寝られるのか?

いろんな大人の事情があろうが、前シリーズから降板したリオなどの愛すべきキャラが降板し、ハーパー、イサベルなど人間的に評価できない人物が台頭。彼らの魅力を全く感じない。そしてドンテ(個人的には彼を軽蔑する)やサーシャといった、とってつけたようなLGBTQ要素。色々な「配慮」の産物なのだろうが、それこそ、「政治」的なものを感じざるを得ない。あと予算の都合もあろうが、画的に非常に地味になってしまったことは否めない。前作まででハンナパートが担っていたアクション、サスペンス要素はゼロに。エンタテインメントとしての質も下がった。

これはあくまで自分の望みなだけだが、このドラマ、第2シーズンの時点で既にカークマンの誠実、正義だけが唯一残った希望だと自分は感じていた。だが、政権の維持のために完全に正義を捨てた彼とこのドラマには、もはや少しの魅力も感じない。

次があったとして、もう食指が伸びることはないだろう。

〜以下余談〜

「俺は誠実なんかじゃない!汚れた世界に…迎合したんだ!!」

と、ふと「愛という名のもとに」の唐沢寿明のセリフを思い出した。
※彼は政治家の息子で、秘書をしていたが、親の不正を知り苦悩する。上記のセリフはその渦中で出た言葉。その後彼は考えを改め、告発した。
選挙を経ずに指定生存者として大統領を継承したカークマン大統領、初の大統領選挙へ。ジェラルド・フォード大統領のジンクスを破るか?
(フォード大統領はニクソン政権のアグニュー副大統領の辞任に伴い議会承認によって副大統領となり、ニクソン大統領辞任に伴い大統領に就任。大統領選ではカーターに敗れたため大統領、副大統領として選挙に当選せずに終わった唯一の人物となっている)。

オピオイド鎮痛剤の不正処方問題、人種差別問題、LGBTQなど様々な問題を取り上げてみせた。
新たに登場したマース・ハーパー大統領首席補佐官(「ER」グリーン医師役のアンソニー・エドワーズ) は安全保障担当補佐官アーロン・ショアの師匠であり、アーロンが副大統領候補となった事で関係性が逆転したのはチェイニー副大統領とラムズフェルド国防長官の関係に似ている。

ストーリーは汚い政治との訣別を望むカークマン大統領が暗黒面の誘惑にどう接するのかという感じで進む。第1シーズン、第2シーズンの20話近い話数はNetflixのミニシリーズに多い10話となり無理のない展開になった。

第4シリーズ、あるとすれば中間選挙あたりがテーマになりそう。
tai

taiの感想・評価

4.0
0
シーズン3の終わり方からしたら始まりがあっさりやったけど、いざこざ続きで安定の面白さやったからなんやかんやで一気に観てもーた!
色々とアメリカの社会問題を取り入れたりしてたけど、次があるなら路線変わりそうな予感。
シーズン4はあるんかなぁ…
ちか

ちかの感想・評価

3.9
0
私の中では、キーファーがどうしてもジャックにみえてしまう、、、ちょっとだけ紳士な控えめジャック笑

でもキーファー大好きだから3.9。ストーリーが進むにつれ、期待度があがる。
|<