nnn

3年A組ー今から皆さんは、人質ですーのnnnのネタバレレビュー・内容・結末

3.5

このレビューはネタバレを含みます

3年A組生徒全員を担任教師が人質に取り、10日間に渡り立てこもりを行う話。毎週毎週謎を残しながら話が進み、視聴者をドラマに引き込む力は十分あったと思う。通常はない異例な設定もまた面白い。菅田将暉の熱演がとてもメッセージ性を際立たせており、視聴率も右肩上がりであった。

一方で、細かい設定や粗削りな脚本が目立つ。これはあり得ないだろう・・・という視聴者からの突っ込みは無視である。例えば心臓が悪い女子生徒に壁どんどんを連発したり、爆弾の巻き添えリスクなども。医者が待機していないのも可笑しい。また、真実が意外性がなく、がっかりした視聴者も多いのではないだろうか。実は他に真犯人がいるのでは?と毎週毎週謎を残してきたこともあり、どうしてもハードルがあがる。これをカバーしたのは逸脱な脚本ではなく、菅田将暉一人の熱演だけである。SNSを相手にした最終回の迫真演技など、彼の力だけで持っている気はする。彼無しでは、武智大和が捕まった時点で盛り上がりが終わってしまったような気もする。そもそもこのドラマを10回で放送すること自体がマイナスだ。映画2時間で一気にやるべき題材だ。そこがマイナスポイントではある。ただ私も含め、視聴者を巻き込んでいったのは事実であり、こういう意欲作をやっていくのも面白いとは思う。