daiyuuki

3年A組ー今から皆さんは、人質ですーのdaiyuukiのレビュー・感想・評価

4.8
卒業まで残り10日――。 
生徒たちの高校生活は平穏に幕を閉じる…はずだった。 だが、美術教師柊(菅田将暉)はその日、担任生徒29人を集めて、突然こう告げた。 
「今から皆さんは……僕の人質です」 
この瞬間から教師と29人の人質生徒による、『最後の授業』が始まった――。 
最後の授業…、それは数ヶ月前に自ら命を落とした『ある一人の生徒の死の真相』について。 
遺言もなく、何かを告げることもなく、突然この世を去ったかつての学園のスター生徒景山澪奈(上白石萠歌)。 なぜ、生徒は突然命を落としてしまったのか。 なぜ、教師は「人質」というセンセーショナルな方法を取って最後の授業を行うのか…。 謎と事件が連鎖的に絡み合う、一人の教師の『最後の授業』! 
たった10日間という日々を描き、死ぬ気で生きる人々に紡ぐ超限定的連続ドラマ! 
誰も想像していない衝撃的学園ミステリーがここに開幕!
――この真相を知るまで、誰も卒業なんかできない。 
柊が、生徒を人質に籠城事件を起こし、毎回生徒に課した課題は、「景山澪奈を死に追いやったのは誰で原因は何か?」を解き明かすこと。
毎回の授業の中で、澪奈の元友人だった宇佐美香帆(川栄李奈)や家庭の事情でダンスを諦めた甲斐隼人(片寄涼太)や澪奈に告白してフラレた男子生徒や澪奈が所属する水泳部のライバルや澪奈のドキュメンタリーを撮影している男子生徒や澪奈の親友茅野さくら(永野芽以)などが、胸に秘めていた秘密を明かし、柊が事件の真相に近づいていく中で、澪奈を追い詰めたフェイク動画をめぐるどす黒い陰謀が明らかになっていく。
毎回明かされる生徒の秘密や柊先生が暴く事件についての意外な事実により、二転三転する予想外な展開が、スリリングで予断を許さない。
そして軽い気持ちで吐き出す悪意により、澪奈を死へ追い詰めた生徒には毎回柊先生が過ちに気付かせ、「自覚のない悪意ある言葉を相手に吐き出す前に、相手の立場になって考える」「ある事実に遭遇したら、真実かどうか落ち着いて考え確認してから判断する」「悩みややりたいことを周りに打ち明けること」「過ちを明日への糧にするためにどうすれば良いのか」「自分の頭であらゆる可能性を考え判断する責任」を教えていく授業は、ネットて盛り上がっているからと脊髄反射で反応して特定の人物を考えなしにバッシングするソーシャルメディアの闇の部分への警鐘を鳴らす意味もあり、自分の頭で考え判断することを若者にドラマを通してメッセージする菅田将暉たちキャストやスタッフの願いが込められている。
菅田将暉や永野芽以や上白石萠歌や今田美桜など若手演技派俳優の好演、特撮ヒーローもののパロディやオマージュも見応えがあり、「告白」「バトル・ロワイアル」「女王の教室」「悪の教典」を彷彿させながら今見なければならない学園サスペンスドラマ。