KHinoji

3年A組ー今から皆さんは、人質ですーのKHinojiのレビュー・感想・評価

3.8
ストーリーの展開自体は今後どうなるんだろう?って思わせる旨い作りになっていたと思います。なので、私は毎週楽しみに見ていました。

で、そういう形式のドラマなので、ネタとなっている事件の全貌がしょーもないと、結果的にはつまらない作品になってしまいます。本作の場合はうまい物語・事件になっていると思い、私は最後まで面白く見ることが出来ました。
アスリートJKの自殺ネタの疑惑から始まり、二転三転するその真相、先生が過去に関わった事件との関係は、彼の最後の目的は何なのか、彼が考える真の犯人とは?と。

あるTV番組で、このドラマは説教ドラマなので今時見る気にならない、って言われていましたが、そう考える方にはその通りでしょう。
その説教の中核となるのが菅田将暉演じる先生なので、彼の演技を好きな方はむしろ気に入るだろうと思います。特殊な良いキャラだと思いました。

終盤に、彼のやっていることは怒り(復讐)ではなくて祈りだというようなセリフがありますが、これがこのドラマの本質を表していると思いました。
TVドラマ(や映画)なんて(考え方によっては)消費されるただの娯楽でしかないわけですが、なぜスタッフはそんなものを作り続けることが出来るのか。広い意味では働くことの意義を、もう一度根本に戻って考えてみようと言うお説教ドラマだったわけですね。
(最後のSNS云々はこのドラマの主題だとは、私は思っていません。SNSはコミュニケーションの道具の一つでしかなく、完璧なコミュニケーションなんてもともとありえないでしょう。問題は、その道具を使う側、すなわち一人一人の人間の意識や覚悟にこそあると思います。このTVドラマは、道具であるSNSではなくてその先にある個々の人の心を題材にしていると、私は思います。)

色々な意味で特殊な作りになっているので、どうしても賛否が分かれてしまうTVドラマでしょう。

(2019/3 地上波TV+見逃し動画配信にて、全10回)