ip

ダイイング・アイのipのレビュー・感想・評価

ダイイング・アイ(2018年製作のドラマ)
4.5
第1話の瑠璃子のときの高橋さんが美しい。光の加減かメイクか、まるでマネキンのようにさえ見える。それ以降のために視聴者を惹き付けるには十分な美しさだった。
対して2話以降の高橋さんはなんだ? メイクひどすぎないか。1話のミステリアスな雰囲気はなくなってしまった。生身の人間であるという表現だったのかな。

記憶をなくして覚えていない本人が「あの事故」っていう言い方するかねぇ。話題に上っていたなら「その事故」って言うんじゃないかなぁ。

キム兄と被害者隣家の女の子が大根芝居。女の子は典型的な劇団芝居。

同じ場面を、特に「事故のシーン」「事故後のディール」「その他回想」が多すぎる。
山場と濡れ場を分けて各回に入れるために尺稼ぎするしかなかったんだなぁ。

誰も悪くないけど裏では悪人だらけ、東野圭吾の能を最大限発揮していて見事。東野作品の登場人物は安直な読者の想像を越える徹底ぶりの行動をする。そこが見事としか。