回想シーンでご飯3杯いける

キングダム シーズン2の回想シーンでご飯3杯いけるのレビュー・感想・評価

キングダム シーズン2(2020年製作のドラマ)
4.5
シーズン1を観終わった後に、他の方のレビュー等を読みながら人物相関を整理しておいたのが正解だった。このシーズン2では冒頭こそ派手なバトルシーンがあるものの、以降はラスト手前まで王家の腐敗や、主人公である世子と彼に仕える味方達の関係を深堀するドラマ・パートが主軸になる。

そこで浮上するのが、ペ・ドゥナ、キム・サンホ、ホ・ジュノといった韓国を代表する俳優陣の演技力だ。シーズン1では敢えて目立たない扱いであった彼等が、次々に見せ場を作っていく展開が本当に素晴らしい。

終盤には大作映画にも引けを取らない大乱闘シーンがあり鳥肌が立つほど格好良かったが、いきつく所、この「キングダム」に於けるゾンビは、王家の強欲を象徴するメタファーなのであろう。そのおぞましい描写に、韓国映画らしい政治権力に対する強烈なメッセージ性を見る事ができる。