知ってるワイフのネタバレ・内容・結末

「知ってるワイフ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

育児に終われ、ジュヒョクに放置された寂しさからモンスター妻になったウジンが、ジュヒョクと出会わなかった世界線ではあんなに前向きで、強くてかっこいいのは、人生を恋愛に頼って若くから主婦業に専念するのではなく、自分のやりたかった仕事を経験しているからかな?と思った。

再び2人が結ばれた時は、今度はジュヒョクがウジンに夢中で嫉妬してるところは可愛かった(笑)
見始めてしばらく放置してたのだけどそのうち日本版ドラマが始まった。日本版はキャストが微妙すぎたので(主にユン代理役が!!笑)こっちに戻ってきた。

よくある壊れてしまった夫婦の話。
お互いの立場に立ってみると絶対に解決に向かっていくはずなのに、やっぱりそんなにすんなり上手く行かないもんだよね…。ドラマなのでやり直しきくけど現実やと難しいんやろなあ。。どれだけ素面の状態で相手を思いやれるかで未来が変わってきそう。現実はクリアできないゲームみたいだと思ってしまった。、

最終的に帰る前の現実にも取ると思いきや、過去を上書きしたままでラストを迎えたのでびっくりした。いいなあ〜、フィクションは!!笑

どれだけやり直しても、縁のある人とはそうかんたんに離れられない、みたいな言葉ぐっと来た。
出会いは大切にしてこ〜!(。•ㅅ•。)✨

飲食店経営のあのカップルすき!ステキなふたりだったな。

チソンがチソン(脂性肌)ですっていうシーンウケたw
始めはまーたチソンかと思ったけど面白いドラマだった👏
「過去に戻ってやり直せたら」
そう思うということは今の自分なら過去の自分に出来なかったこと・失敗を繰り返さない自信というか成長を自分自身で感じているのだと思う。しかし、自責を他責にすり替えて身を守ることを続けるようでは、過去に戻ったところでやり直しは成功しないだろう。
ジュヒョクとウジンの場合、1度目の結婚を「ウジンが変わってしまった」とジュヒョクは責めたが、変わったのはなぜか。ウジンの立場になって考える必要性、自分の行動の振り返り、そういったことを考えなければ夫婦生活は成り立たないと気づけたのは失敗あってこそだし、失敗は無駄では無かったなと。2度目でウジンが言った「2人に問題があったと思う」の言葉はまさに夫婦の根本であり、きっとどの夫婦にも言えることだろう。
相手は変えられなくても自分は変えられるから、無理のない程度で自分を変化させれば周りもそれに見合った接し方を返してくれる。人はみな助け合い。
結果的に、バツ2のような感じ??
結婚一回目の主人公と同じようなグチをこぼしながら飲み歩いてる男性はたくさんいるし
結婚3回目の主人公のようなバツあり男性も心当たりがあるので
同じ男性でもここまで心が入れ替わるのが結婚なのかも…と思いました。
日本でリメイク版が放送されているので、本家を見てみることに。

面白かった....。

・序盤は夫の方があまりにも酷いなぁと思ったけど、テンポが良いので重さを感じない。

・酷くて憎い夫であるはずのなのに、不器用でどこか憎めないキャラクターになるよう、チソンが演技で印象をコントロールしていると思う。

・韓国語の悪口は日本の非にならない程汚い言葉を使うので、序盤にウジンが悪口並べて叫び散らすシーンは、ファンタジーラブコメというドラマにコントラストを与えていてすごく良かった。ハンジミン様々。

・ジュヒョクがウジンに全てを打ち明けたタイミングで「2人に問題があったと思う」「私を救ってくれてありがとう、今度は私があなたを救う番だよ。」って言えるウジンに脱帽。

・1度目のタイムスリップは恐妻家に変わり果ててしまったウジンを救うためのもので、2度目のタイムスリップは愛を諦めてしまったジュヒョクを救うためのものだったのか、とウジンのセリフで気づく。

・幸せを描くのは難しいと、誰かの言葉があったけれど、最後の2話は見ていて飽きなかった。
寧ろ過去と現在の対比として必要な描写だったんだろうなと思う。可愛くってずっと見ていたかった〜。

・細かい描写でほっこりしたのは、現在の2人が色違いのお揃いパジャマを着ているところ。過去ではそれぞれ違う寝巻きを着ていた。

・人間が他人を愛して一緒になるのに、人生1回じゃ足りないのかも。2・3回往復してようやく形になるのかもしれない。

・韓国ドラマと日本ドラマの市場規模が違うのはよく理解しているつもりだけど、やっぱり韓国ドラマはお金かかってるな〜と思う...。カメラのカット、アングル、OST、セット、やはり日本とは規模感が違う....。見応えあります。

あと、ハンジミン様の恐妻家から高校生、銀行員からママまで、同一人物なのにあれだけ演技を仕分けられるの本当にすごいと思いました。
面白かった〜!

最終話の構成もめっちゃ良かった
最初の2人の問題だったことが最後にもう一度起こって、変わった2人だからこそ乗り越えたシーンに感動した

初めて結婚って良いものかもって思えたドラマだった
最初はお母さんに勧められたから観たけど、観ていくうちにハマっていった。

チソンとハンジミンの2人の物語はよかった以外のなにものでもなかったけど、個人的にはハンジミンのお母さん役の過去に戻ったのに変えられなかったところが印象的だった。

知った上でお母さんをずっと追っていくと辛いほど寂しい気持ちになった。でもそれもよかった。

また観たいと思えるドラマだった
笑って泣けて最高のドラマだった
チソンかっこ良すぎるしジミン可愛すぎるし眼福

HERAのコスメたくさん出てきた。欲しい欲がより大きくなった〜あんなにどぎついピンクのリップが似合うの、じみんだけじゃない...🥲??

韓ドラ長いから飽きるの前提で見始めたけど、見れば見るほど虜になっちゃった〜〜ㅠ_ㅠ

途中でまたタイムスリップの500円入れてる人いたけど、あれはどうなったのかがわからなかった
第1話のウジンがあまりにも化け物に描かれ、女子高生のウジンもかなり強引にジュヒョクに迫り、彼がこの妻になぜ惚れたかの描写がほとんどなく、面白い要素を見つけられなかったので1話だけ見てしばらく休んでいた。
最近良いレビューを読んだので、また見直してみようと決意し本日完走。ファンタジーとして楽しめた。

一回目のやり直し人生で最初の妻ウジンと子どもたち二人をあっさり捨ててしまうジュヒョク。信じられない。しかも、今回は念願の初恋相手財閥令嬢と結婚したことで順風満帆な人生だったはずなのに、結局シングルで生き生きと働く魅力的なウジンを見て好きになってしまい、2度目の人生の妻をも不幸にしてしまう。そこまで見て、結局この人は外の女にしか目がいかない人なんだな、こういう人は何度人生やり直しても治らないでしょ、と諦めモードになった。
この辺までジュヒョクの人柄を好きになれず。2度目のやり直し人生では別人のように魅力的になったけれど。

ファンタジーではあるのだけど、納得しきれないモヤモヤする感じも残った。例えば、認知症の母親やウジンに、前人生の記憶が一部残っていたり、かと思うと2度目のやり直し人生では母親は認知症を発症していなかったり、タイムトリップの仕方も、まず2006年に戻るとすぐに気づくと2018年になってしまい、その間の記憶がないなど。

でも、細かいことに目をつぶれば、ファンタジーラブコメドラマとして充分楽しめた。

ところで、2度めのやり直し人生で、販売員の母親が俳優チソン演じるジュヒョクに、「脂性肌?」と聞くのですが、その脂性肌という韓国語がチソンという言葉に聞こえて、韓国ではちょっとしたダジャレ的なユーモアになってたのかしらと思った。
ハマるまでに時間がかかったけど、最終的にすごく見入った!
3度目の世界が一番素敵やったな〜
経験を無駄にせず、最終的に素敵な家庭築けていたのよかったなあ〜
結婚する時、勉強のためにお相手とこのドラマもう一回見ようかな(笑)


最初全然かっこよくない、可愛くないと思っているのに最後には虜になっている自分がいる、恐るべし韓ドラ(笑)
>|