野村

私のIDはカンナム美人の野村のレビュー・感想・評価

私のIDはカンナム美人(2018年製作のドラマ)
4.5
有名ドラマらしいしな〜と軽い気持ちで見始めた

ルッキズム的な感性を持って生きてきた人には、共感してめちゃくちゃ苦しくなる部分が多々あると思う
主人公やスアに共感する感覚が無い人は、色んな人のレビューにもあるようにただのイケメンが出てくるダラダラした学園ドラマに見えると思うから本当に人それぞれな気がする でもそっちのほうが普段生きる上では幸せだと思うな
とにかくチャウヌの顔が良すぎるので観る価値は確実にある 基本真顔なのでちょっと微笑んだだけでもあまりにかっこよすぎて心臓ぶち抜かれるよ
スアにイライラするシーン多いけど、最終的には悪者がいなくなってスッキリして終われる後味の良いドラマ。
男の先輩たちの発言、こういう人って悪気ないから一番たち悪いけど世の中にたくさんいるよね、ってしんどくなった

外見に執着を持って生活を送ってきた女の子の葛藤や苦しみがすごく上手く描かれていたと思う


自分の顔が何よりのコンプレックスでどうしても前向きになれず他人の顔色を伺って生きてきたミレが、ギョンソクによってルッキズム思想を脱してスアに言った
「美しくなければ死ぬかのように、毎日人の顔に優劣つけて、くだらない評価して、私たちってどうしてこうなの?私はこんなの嫌だ。私たちもう、美に執着して生きるのはやめよう」
というセリフで自分のことのようにぼろぼろ涙が出た
可愛くいたいだけなのになんでこんなに自信が後退していくんだろうね、なんで他人に優劣をつけることでしかプライドを保てないんだろうね、って何回も心の中でふたりに言った

にしても韓国ドラマってどんだけ人間の感情描写が深い良い話でも最後主人公同士のイチャイチャで〆るのなんなんだろう?ハッピーエンドが多いってことなんだろうけどあそこで逆に一気に現実に引き戻される感ある、、 大学一年の初カレカノで結婚の話かよ…とか思ってしまうし


まあ色々書いたけど結局このドラマの感想一言で言って!って言われたら、チャウヌの顔がこの世のものとは思えないくらい良い、の一言なので終わり