鍋レモン

私のIDはカンナム美人の鍋レモンのレビュー・感想・評価

私のIDはカンナム美人(2018年製作のドラマ)
5.0
⚪概要とあらすじ
美人に生まれ変わってバラ色の人生が始まる…!?美容整形で美しさを手に入れた主人公の人生大改造ストーリーを描いた成長ラブコメディ。

幼い頃から容姿のことでいじめを受けていたミレは、せめて普通の人のように生きたいと大学入学を機に美容整形を決意。生まれ変わった姿で大学の化学科に入学するが、中学の同級生だったギョンソクと再会してしまう。周囲に昔の顔が知られるのを恐れたミレは、ギョンソクに秘密にしてほしいと頼む。一方、ギョンソクは友人ユジンのバーを手伝いに行くが、そこでかつて自分を捨てた母親ヘソンとミレが一緒にいるところに出くわす。ミレのおかげで両親が離婚した本当の理由を知り、ヘソンとの誤解が解けたギョンソク。そして、これをきっかけにミレとギョンソクの距離は急接近!そんな中、ミレの家の近くに化学科の助手ウヨンが引っ越してくる。ミレに好意を寄せるウヨンに、ライバル心を燃やすギョンソクだが...。

⚪感想
ラブコメ作品。

容姿によっていじめを受けていたミレは整形をし、大学デビュー。
容姿で人生決まるよなって思う。やっぱり韓国は日本より整形しやすかったりするのかな。

なんと言ってもチャ・ウヌがやばい。いやもう多分2次元に住んでる人の顔。こんな漫画から飛び出してきた人みたいな顔いるんだね。白いし、スタイルいいし、かっこいいし、演技上手いし、ASTROだから歌もダンスもできるわけでしょ。最高かよ。神は与えすぎよ。
原作よりイケメン。

ちょろいのでASTROオタになってしまいそうだけどBTOBはオルペンだからね。

ラブコメの主人公苦手になりがちだけどミレは好き。元々可愛くなくていじめられていたから自信が持てなくてっていうのが凄く可愛いし、たまに人間らしいところがあって共感もできる。

スアは好かん。

1話が大体45分程度なので見やすい。
これから観ていく予定。



⚪以下ネタバレ



・1話
いじめを受けた経験から整形をして大学から新たに人生を始めたミレ。しかし大学の同じ学科には中学の同級生だったギョンソクがいた。
大学のレクレーション的な場面でミレが代表に選ばれダンスをするシーンで終わり。

ミレは可愛いし、中身も素敵。整形美人って言われちゃうのもなんか分かるけど。綺麗になったことに自分自身が慣れてなくて自信が持てないのが現実的だし、ミレは好まれやすい役な気がした。
今作に出たこともあってイム・スヒャンは整形美人か天然美人か色々論争があるらしい。昔の写真と今を比べてるのがあったけど変わってない気がする。

ギョンソクを演じたチャ・ウヌ。
イケメン過ぎる。
即インスタフォローした。

天然美人のスア。
これ男の人は好きだけど女の人は嫌いなタイプの人間では。天然を装って実はめちゃくちゃ策士だと思ってる。いや悪魔とか。

ミレの親友のドヒ。
ドヒもみれに負けず劣らず可愛い。喋り方可愛いし、少し背が低いのもまた可愛い。いいタイプの親友っぽい。でもウヨンが当時したら拗れるのかもしれない。

・2話
ミレの整形を父親は知らない。父からの電話に出たミレは先輩だと嘘をつく。ミレが外にいるとチャンウが。彼はミレと2人っきりになろうと追い詰めるがギョンソクが助ける。
入学式に父親が来るも見れを受け入れられず父親は去ってしまう。一方、ギョンソクは母親が来ていない。
授業開始。履修済みのチャンウが居り席を取っといたと言う。さらには学食を奢ってくれる。前に「好きになっていいか」と聞いたチャンウはミレに再び訪ねるがミレは驚き咳き込みトイレへ行く。それを見ていたギョンソクやスア。スアはチャンウに好きな素振りを見せる。ギョンソクはレクレーションの時からギョンソクにアプローチしていた先輩に絡まれる。

ギョンソクの片手缶ビール開けかっこよすぎて冒頭から瀕死。

スアめちゃくちゃ嫌い。喋る度に策士感が増してうぇーうぇーってなる。みんなに振られて欲しい。

ミレと父の関係性が切ない。
娘が綺麗になるのは許せないのかな。母親なら綺麗な子に産んであげられなくてごめんみたいな気持ちになるイメージあるけど父親は反対のイメージ強いかも。

・3話
スアによってチャンウにミレが振られるような形になってしまう。チャンウが去ろうとするとギョンソクが足を引っかけ転ばせる。
化学の授業ミレはスアとギョンソクらと一緒に。スアが班長をミレにさせようとするがギョンソクが「俺がやる」と言う。
ギョンソクにアプローチするスア。ギョンソクはミレに話があるといい、学食に忘れていった香水を渡す。かつて中学の時にミレがその香水をつけていたらしくほほバレたので、ミレは顔のことを秘密にして欲しいという。
同じ学科でのパーティー。スアに注目が集まるがスアはミレを持ち上げ気まずくする。そこへギョンソクが来て「楽しいか?」「お前のお遊びだよ」「分からないフリか」と指摘する。みんなバラバラに。ミレは帰りがけスアのせいでチャンウに責め立てられる。しゃがんでいると授業助手のウヨンが声をかけるがチャンウがちらつき水を払ってしまう。そこへギョンソクが来てミレの腕を引っ張る。ミレは2人を腕を振り払う。

ギョンソクがチャンウを転ばした時の「足が長くて」がかっこよすぎて悶え死ぬし、抱えたあとの「大丈夫?」がもう良きだし、パーティーでのミレの代わりにお酒を飲んでくれたり、スアにいじめられるミレを助けてあげたり最高。

チャンウとスアにはそれなりの仕打ちがあって欲しい。

ミレの友達のジョンブンがギョンソクの親友のユジンを好きになったっぽいのが気になった。

・4話
高層ビルに帰ったかと思いきや実は家は別らしい。
ギョンソクの母が帰国。2人に会いたいと伝えてという。
大学ではギョンソクと先輩が話していたがスアが横取り。スアがいつもの話し方をするもギョンソクには見破られている様子。ミレは周囲が整形だと言い合っているような感覚を覚える。ギョンソクに会うとなぜ整形したかを聞かれ、嫉妬心を直すべきだったと言われる。別れたあと、チャンウがミレに腹を立て1年を集める。反論したミレが暴力を振られそうになるもギョンソクが来て助ける。次の日ミレは友人たちが自分を思っていてくれたことを知り出会った時に顔で点数をつけていたことに引け目を感じる。スアとも話すがつい自分とギョンソクが同じ学校だったことを話してしまう。

天然美人は生まれてから美人だけど整形美人はお金を貯めて整形して努力して美人になったのにここまで責め立てられるの解せん。天然美人も努力して保っている人もいるだろうし、今作のお金はお母さんのだろうけども。

ミレのお母さんが宇宙レベルに心の広い人でほっこりした。優しい。

ギョンソクの思ったことを素直に伝えるところ好き。クール。

スアがギョンソクに相手にされないシーンはスカッとする。

・5話
ミレとギョンソクは学食を。どちらも謝る。その後化学の実験。ミレの軽い火傷をみんなが心配したのを見て、スアはミレのせいにして怪我した振りをする。ジョンソクにはバレている様子。ミレはウヨンに強く注意され凹む。
香水の試香会に行ったミレと友人。そこでウヨンに会いヘソンを紹介される。 ミレは調香師を目指しており、ヘソンの雑誌に寄稿した言葉から影響を受けていた。
スアたちがミレの中学校の卒アルをゲット。しかしミレの写真はない。
ウヨンからのご飯の誘いを断ったミレだが呼び止める。

スアが好かん。ミレが早くスアの正体に気づいて欲しい。ギョンソクが気づいているのが唯一の救い。

ミレが昔橋から飛びおりようとしたときにヘレンが助けてくれたっぽい。
ヘレンはギョンソクの母でもあるので結構繋がっているのね。

香りは無形の美。
素敵な言葉。

・6話
ミレはヘソンとご飯。そこに仕事を手伝いに来たギョンソクが。ヘソンに会い出ていくギョンソク。次の日ギョンソクはミレに強く当たる。ヘソンはミレお願いを。
ストーカーに悩まされていたミレ。実は正体は父親だった。自分の親との関係とギョンソクのヘソンの関係を知り、ギョンソクを飲みに誘い母に会いたくないのか聞く。
そろそろ学園祭らしい。

スアはやっぱり高級住宅街ではなく普通の場所に住んでたのね。ミレの写真を探そうとしてるし。

ミレの愛嬌が面白かった。
日本で言うぶりっ子的な文化が韓国だと愛嬌と言ってアイドルの人たちもするのが面白いと思う。

お酒飲むギョンソクの横顔が絵画のようにかっこいい。

・7話
母と上手くいっていないギョンソクと父と上手くいっていないミレ。思っているからこそ憎むのだと話す。またギョンソクに前に顔を馬鹿にされたと言うとギョンソクは「いつ?」「話すまで返さない」と言う。それはいつかのバス停。ギョンソクは顔ではなく足で踊る姿を見て笑っていたとミレは知る。さらに中学でギョンソクが笑ったのはその1度であることも。今に戻り帰りのバス停。香水で怒ったのも聞くと、ギョンソクはミレがつけていた香水と自分の母親が付けていた香水が同じだっただけでミレには怒ってなかったと言う。
学祭があるらしく先輩たちからギョンソク、ミレ、スア、ジヒョが指名される。ミレは香水を売りたかったがスアに一緒にやろうと声をかける。またスアはインスタで謎の青年にいいねを。
会議に参加するミレたち。先輩たちが可愛いのに男に見えると言われたり、太ってると指摘されたり、売り子は女の仕事だと言われるのを目にする。
ウヨンは引越しするらしい。ヒョンジョンがたまたま会い教えてあげる。そこからミレも加えて飲み会。ギョンソクが家に帰るも父から母のことを聞き外へ出る。父が言うには母は若い男と浮気をしたから別れたっぽい。妹はロブスターを使ってYouTuberみたいなことを。ギョンソクがお店に来てミレたちに遭遇し4人で飲み会。ギョンソクはミレが学祭の売り子として参加することを知る。ウヨンが引越しパーティをするらしい。ヒョンジョンとミレを誘う。ウヨンを見つめるギョンソク。
スアがインスタでアプローチしたのはミレが中学の時に好きで告白をしたヨンチョルだった。

後半のミレとギョンソクの服がオシャレだった。ミレはちょっとマリンっぽいシャツにデニムスカートっぽくて、ギョンソクは緑のギンガムチェック的なシャツ。

ミレの友人が嫌な感じで振られて悲しい。お金盗んでいるの教えたかっただけなのに。

スアは相変わらず悪女。自分が一番可愛いってわかってるのに「まだ成績は出てないですよ?」って無理無理。後半のヨンチョルのインスタにいいねして、飲みに行くのを誘うのも無理。

・8話
ウヨンはギョンソクも誘う。
文化祭。売り子のコスチュームは予想以上に丈が短かった。ミレが手伝っている時にヨンチョルが来る。
ユジンはジョンブンに謝りに来る。ギョンソクも来て、ヨンチョルが来たことで戸惑ったミレの代わりに手伝おうとするが、ミレはスアに連れてかれ、ヨンチョルにバレてしまう。バケモノ呼ばわりされるも言い返したミレ。ギョンソクも「クズ」「金は払っていけ」と言う。スアは「友達を傷つけた」とヨンチョルを拒絶する。元凶はスアだと気づいてる様子のギョンソク。ヒョンジョンはミレからの電話でヨンチョルが来ていたことを知り、あって問い詰めるがスアがメッセージをヨンチョルに送っていたことを知る。ミレの方はスアから謝られ、整形に偏見があったが今は整形が必要な人もいると理解したよ的なことを伝えられる。ミレは帰り、ギョンソクとスアで売り子を。スアが「いくら酷い顔でもあのあだ名は...」と言うとギョンソクは「ミレは可愛かった」という。帰り道ミレにヘソンから電話が。アイスを食べることに。ミレはヘソンに前にあったことを伝える。ヘソンは整形したことを責めず今が幸せか聞く。また、ヘソンは自分がもっと平凡な顔だったらと伝えた。美しいことはいつしか彼女を縛るものになってしまったらしい。ミレが家に帰るとヒョンジョンがスアのしたことを伝える。ミレもスアを怪しむように。

テヒたちが文化祭のメンバーから責め立てられるシーンがしんどかった。痩せろだの、髪を伸ばせだの、愛想良くしろだの。言葉を返されると「急にヒステリックを起こして〜」とか言うやつあるあるすぎてもはや笑える。
テヒが泣いてる時に励ましに来てくれた人優しかった。

今回もギョンソクの活躍かなって思ったけどミレ自身が言い返してたのかっこよかった。
テヒたちも含め今回は女性たちの勝利。仕返しの方法が気になるところ。

・9話
やっと両親がミレの入学祝いを。ミレの両親の荷物をたまたまウヨンが運んでくれる。
文化祭では調子に乗っていたことがバレ先輩たちはウヨンに怒られる。
ミレはたまたまスアと会いインスタのことを聞くもはぐらかされる。合コンのような場所に参加させられるもギョンソクが来て指名。答えを出す前に飲み物がこぼれる。服を着替えに行くのにギョンソクとスアが着いていくという。ミレはスアのことを疑い始めたのでギョンソクと行く。しかし部屋に閉じ込められる。
ジョンブンはウヨンを心理テストに。ウヨンがミレを好きなことを察してしまう。
スアは不機嫌。ジヒョがギョンソクが置いていった携帯を受け取る。ギョンソクの父親がバレる。次の日学校で噂に。スアがギョンソクに携帯を返す。ギョンソクはスアが噂を広めたと思い「やっぱりお前は最低だ」という。授業終わり、ミレがギョンソクに「打ち上げに行く?」と聞くと「考えておくと答える」。そこで先輩からミレへ電話。

テヨンとテヒのコンビ好き。

定番の鍵が壊れて閉じ込められてしまうシーンが良かった。着替えでハラハラもあって。急かすけどちゃんと振り返らないギョンソク好き。前後ろ逆のミレも好き。

スアの闇の部分が出てきた。ギョンソクに好いてもらえないからずっと不機嫌。花火で恨めしそうに見てるシーンが良かった。

ギョンソクに友達と言われて嬉しいけどちょっと悲しいミレが可愛かった。ギョンソクも仲良くなってきてちょっとミレをからかったり、以前よりも笑顔を見せてくれるシーンが増えてほっこり。
閉じ込められてシーンでちょっとボロが出て好きっていっちゃうの良き。

ギョンソクと両親の関係も少しずつ分かったり。

・10話
ミレはウヨンに呼ばれる。香水が褒められヘソンたちのところへ行くことに。
ギョンソクの噂は実はジヒョが広めてしまったことが分かり、スアに謝る。スアは自分も母親が居ないことを伝える。そのまま2人は打ち上げに。
ミレとウヨンが向かうもヘソンは病院にいったと知る。さらにヘソンは昔の事故によって嗅覚を失っていたことを知る。ミレはギョンソクに伝える。ミレが帰ったあとギョンソクが来る。ギョンソクは浮気は誤解であったことを知る。家に帰り父親と話す。父親がヘソンを殴ったことでヘソンの嗅覚が失われたこと、嘘をついていたことを知る。家を出ていくことに。親友ユジンの元へ行くが、ユジンは既にマンションを出てバーに住んでいた。ギョンソクもそこで寝るが。
ミレは家族に会いカラオケへ。父と和解。
ウヨンがパーティーの準備をしミレとヒョンジョンが来る。

スアの本当に住んでる場所がウンと近くてコンビニみたいなところで会っちゃうシーンが。一人暮らしを初めてってすぐ誤魔化せる能力。

ギョンソクのヘソンに対する誤解が解けてよかったけどサンウォンがクズ男すぎて。

・11話
引越し祝いにテレビを持ってきてドン引きさせるギョンソク。プルコギを切るのをウヨンから変わり食べやすくするために小さく切るも小さすぎて怒られる。さらにウヨンとミレが節約ネタで盛り上がっていることに嫉妬して参加するがシラケさしてしまう。その後ギョンソクが課題があるから映画を観ようとミレを誘い、ミレも課題だからと了承。
テヨンとテヒが付き合っていることをスアが知る。スアはテヨンを誘惑。その後スアが高級マンションに住んでいないことをミレの友人に知られてしまう。
ミレはギョンソクと映画。そのままご飯へ。お金が足りるか焦るも回避。しかし外へ出ると雨。傘を買うもひとつしかなく2人でひとつの傘をさして帰る。ギョンソクはあの日病院へ行っていたことを告げる。そして最近ミレが香水をつけていないことを知り、あの香水をつけろと言う。

空回りギョンソク愛おしすぎる。

映画のシーン良い。ミレが箸でポッコーンを食べるとこ好き。めちゃくちゃ可愛い。びっくりしてるギョンソクも良き。

安定の相合傘。肩びちょびちょギョンソク尊い。

ギョンソクというかチャウヌは私が生きてきた中で見たイケメンの中で1番イケメンだと思う。

・12話
ミレはギョンソクを男友達としてみれない。
ギョンソクの父がヘヨンに会う。ヘヨンに会えて少し嬉しそう。
ギョンソクはバイトと住む場所を探すことに。ウヨンが出したルームメート募集を見つける。話し合いの末、住むことに。ウヨンがミレの両親と知る。ミレの母親はウヨンとミレをくっ付けたい様子。ミレもその事を知って戸惑う。ギョンソクは金欠。
テヒとテヨンのカップル。テヨンはスアの思わせぶりな素振りになびきそう。

ウンがスアに「家に遊びに行っていい?」って聞くシーンやたらハラハラした。スアは何とか逃れたけど。でもウンも辛いことがあったら力にあるよって言ってて割と優しい。
ウォノがジヒョにアプローチし始めたからトプ画をウォノが撮った写真にするスアよ。もうなんか怖いというか可哀想になってきた。
ギョンソクにも忙しいって無視されたし。

久しぶりにチャンウ先輩見た。

ウヨンは意外と意地悪。

・13話
ミレを傷つけた先輩が謝ってくる。ユジンは店を手放す。ユンビョルはウヨンが好き。ギョンソクがスアの紹介でバイトを始めようとするが、ギョンソクの代わりにバイトが1人やめさせられることを知り諦める。ミレはヘソンと食事。たまたまギョンソクもそこにいたことで3人で。帰ろうとした時ウヨン似合い。ウヨンらの家で二次会。ミレが酔いつぶれたためお開きにし、ギョンソクがおぶり、ヘソンもついて行く。無事送り届けギョンソクとヘソンの別れ。ヘソンはミレの二日酔いの薬を買いなさいとお金を渡す。

ヘソンとギョンソクが幸せそうで幸せそうで。こっちも嬉しくなる。

スアは悪くないけどいいイメージはない。

・14話
スアがレポートをなくすもギョンソクが暗記していた。スアはギョンソクにご飯を奢る。ミレはウヨンにご飯を奢ってもらう。ミレとギョンソクが同じバイトに。ギョンソクの妹ギョンヒが尋ねてくる。ちょうどヘソンもそれを見てギョンヒに声をかけるも、サンウォンがヘソンは浮気をして出ていったと伝えていたため仲直りすることができず。ギョンソクとミレはバイト終わり買い出しへ。ヘソンはサンウォンの元へ。

今更だけどギョンヒも可愛い。めちゃくちゃ美人。

レポートをなくしたスアに「最悪だ」と反応したからかウォノはスアにめちゃくちゃ冷たい対応を取られていたのがなかなか効いた。

テヒ、テヨンカップルの邪魔をしてくるチャンウがムカつく。

・15話
ヘソンが真実を言わない代わりにサンウォンがギョンヒに真実を伝える。ギョンヒは家出。ミレ、ヒョンジョン、ジョンソク、ウヨンでご飯。帰りにスアからミレに電話が。学校でスアから「ギョンソクが好きだから協力して」と言われ、整形のことも嘘だとは言ったが侮辱される。ミレはギョンソクのことが好きだが自分とは釣り合わないと考えている。
ギョンヒが家出をし、服を売ってお金を稼ぐ、ギョンソクの服をウォノが買ったことでギョンソクが気づく。ギョンヒはヘソンと住むことに。

ミレの職場に両親が来た時のギョンソクかっこよすぎて。
最後の「カンナム美人」は「整形美人」ってことだけど両親は勘違いした感じかな。

イェナがソングとほぼくっ付いたの最高では。韓国は入隊があるからなんというか切ないね。行ってる間に心が離れちゃうこともあるだろうし。

・16話
ミレは心ここに在らず。ミレとヒョンジョン、ウヨンでバッティングセンターに。途中でギョンソクも合流。ミレは整形美人がイケメンに恋をしたと悪口や噂の的になりたくないためギョンソクを避ける。ミレとギョンソクのバイトにスアが。バイトの先輩がミレを侮辱するようなことを言ったためギョン速は殴ってしまう。バイト先にヘソンが来てそのことをスアから教えられる。バイトの先輩は元からセクハラ行為があったためクビに。そこへヘソンが合流。3人でご飯を食べ帰る。

ヘソンの料理は美味しくないのかもしれないけどギョンヒが幸せそうに食べるのが良かった。チャーハン食べてる時も幸せそうだったし。

ギョンソク本当かっこいい。今回は手が出てしまったけど素直に思ったことを口に出せるって凄い。

スアはマジで意味がわからない。怖すぎて逆に可哀想になる。

ミレは顔は変わっても心はそのままで昔の傷を沢山抱えているんだなと思うと私も苦しくて苦しくて。綺麗になってもバカにされたり、好きでもないやつに評価されたり、しんどいね。

・17話
ギョンソクに「俺が好きなのか?」と聞かれるも否定したミレ。
ヘソンの講義。ギョンソクはお金を得るために美容室へ。髪色が変わる。ミレはギョンソクを振ったからと考え、ヘソンも心配する。次の日には髪色が戻る。試験後ミレはヘソンとご飯。両想いではあるが付き合えないことについて相談する。ミレは帰り道ウヨンに会う。ウヨンと話をして特別講義的なものに申請することに。さらに、2人だけでの映画に誘われる。クォンはウヨンに手紙で告白。ウヨンは戸惑う。帰り道ヒョンジョンにご飯に誘われ一緒に。ミレたちも特別講義後ご飯に。ギョンソクが帰るが雨が降っていたため傘を2本買いミレに渡しに来る。しかしスアが先にいて抱きつかれ、それをミレに見られてしまう。追いかけようとするもスアに引き止めらる。再び追いかける。

スア本当にやめてくれ。小悪魔というより大魔王ぐらい悪い。

・18話
ミレに追いついたギョンソク。再びミレに好きか聞くもミレは陰口を言われることに怯えギョンソクを受け入れない。特別講義で気まずい形で会うがギョンソクはミレを待ってるという。ミレの両親がたまたまヘソンとギョンソクの妹に会う。そこでカンナム美人が整形美人という意味だと知る。
ミレはウヨンと映画に。その後の食事中告白される。帰り道別れるもミレがウヨンを追いかけ告白を断る。ウヨンはミレとギョンソクが両想いであることを知っていながらも告白していた。ウヨンの言葉になくミレ。それをギョンソクが見てしまい、帰り道ヒョンジョンも見てしまう。
次の日ギョンソクはやけ酒で二日酔い。休憩室へ。スアが食事を運ぼうという。そしてギョンソクを好きなことをみんなの前で言う。テヨンとテヒが別れたらしい。

ミレを顔で選んだ感が強かったけどウヨンがミレに振られた時の言葉が深かった。ミレにとっては「私なんかが」っていう気持ちがずっとあるんだろうけど、好きになるのも振るのも自分自身が決定を下していいし、周りが口を出す権利はないって言うのがね。

周囲もスアの本性に気づいてきた感じ。まさかのテヨンとテヒを別れさせるという。

今回はギョンソク、ウヨン、ヒョンジョンとみんな可哀想だった。

・19話
ミレはスアが食べたものを吐いていることに気づく。休んでいたギョンソクに友人がスアがギョンソクを好きだをみんなの前で言ったという。ギョンソクはスアと話をつけようとするがそこにミレが。ミレはスアが自分を陥れようとしたことや、ギョンソクと付き合うことで自分が美しいと認められることを欲していることを既に理解していた。スアは図星で初めて怒る。帰宅したスアはテヨンの電話を冷たくあしらう。ギョンソクは酔っ払って帰ってきたウヨンの介抱をしているとウヨンが寝言のように「ミレに振られた」と言ったので驚く。ギョンソクは直ぐにミレに電話し会いに行く。真実かどうかを確かめ帰ろうとするが、ミレが振られた理由を話ギョンソクを好きであることを伝え、付き合うことに。帰り道手を繋ぐ。次の日大学へ一緒に行くことに。ミレはギョンソクがウヨンにはまだ付き合ってることを話してないことを知り、ギョンソクはウヨンがミレの恋を応援していたことを知る。

ウヨンの酔っ払い方が可愛いし、歯磨きしてあげるギョンソク尊い。

ついに付き合った二人。おめでとう。
今まで見てきた恋愛ドラマの中でいちばん素敵な二人。ミレは見た目も中身も凄く優しくて綺麗だし、ギョンソクも見た目も中身もかっこいい。
幸せそうな二人を見れるのが一番の幸せ。

手を繋いだ時のギョンソクの微笑みヤバい。
ミレも家に帰ってから嬉しそうだったし。

スアの本当の姿。
スタイル保つために薬を飲んだり、吐いたり。太らない体質がコンプレックスは嘘だったんだね。自分自身で追い込んで苦しいだろうなと。
よく悪女的な登場人物はいるけどスアはちょっと違うし、今は嫌いじゃない。

・20話
ギョンソクとスアが話し込んでいたのを見てミレは自分がギョンソクと付き合っていることを伝える。講義を受けながらカトクをする二人。ウヨンは後輩の告白を断る。
ミレとギョンソクはご飯に行くも先輩がお店に来てバレないよう行動してんやわんや。
ギョンソクの妹の動画活動がバレる。
スアとテヨンは二人でいるところを先輩に見られてしまう。その情報はテヒにも届く。
ギョンソクと付き合っていることをヒョンジョンには話したミレ。ミレはギョンソクと一緒に講義へ。

スアの立ち位置が危うくなってきた。やってきたことがバレそう。

ミレとギョンソクがとにかく可愛い。
一緒にマスクをしていたシーンが好き。

・20話
スアはウンとランチ。ヒョンジョンはウヨンとコーヒー。ミレとギョンソクが付き合っていることをスアの友人はわからなかったがヘヨンには直ぐにバレる。だがとても喜ばれる。
ミレとギョンソクはデート。ヒョンジョンが実家に帰ると知り家に行くことに。ギョンソクはミレに秘密でケーキを買いに行き、ミレが先に帰宅するが家には両親が来ていた。両親が帰りミレとギョンソクはお家デート。ミレのお母さんが作ったご飯を食べ、ロウソク作りを。ギョンソクが火傷し水で冷やした時ギョンソクはミレをバックハグする。その後ケーキを食べ、ミレは香水をプレゼント。ミレは周囲に付き合っていることを言う決心をする。
スアは誰かに隠し撮りされているらしい。先輩がそれを教える目的として呼びだす。スアはそれを知り戸惑う。そして、ウォノを問いつめる。

そういえば前回のミーアキャット化してたミレが可愛かったなと。

ギョンソクとスアが本当に素敵で好き。
ギョンソクははっきりと伝えるし、ミレも前よりちゃんと伝えたり勇気を出すからかっこいい。今回周囲に付き合っていることを伝える決心をした時かっこよかった。このカップルならみんな祝福するよっていいうぐらい最高のカップル。

スアはどんどん追い込まれて危うい感じ。結構はぐらかされたり嘘をつかれているけど味方でいてくれるウンがかっこよかった。

・21話
実習中偶然付き合っていることを言うことに。スアとその友人以外は皆祝福してくれる。ギョンソクの元にヘソンから父にスキャンダルがというメールが。
スアが食べたものを吐いていることがテヒら先輩にバレる。ミレは庇うもスアは突き放す。スアは実習に出ず帰ろうとする。ウンが呼び止めるも無視。ウォノが写真を撮っているところに出くわしキレるも。ウォノは自撮りをしていただけで、ウォノとその友人から逆に責め立てられてしまう。その後ウォノはスアが勘違いしていたことに気づき、ウヨンに相談をする。
ミレとギョンソクは制服デートに。ミレがしたかったバスケの応援などをし、映画館へ。絡んできたおっさんをミレは退治。
ウンがスアを誘いご飯へ。スアは本当のことを伝える。かつての友人が整形をして自分の好きだった人を奪い取ったこと。
そしてスアの過去。母が彼女を捨てたらしい。スアは不潔だと虐められていた。

ミレとギョンソクの笑顔が本当に好き。
ギョンソク本当に美しい。そんなギョンソクに負けず劣らず可愛いミレ。2人とも中身までも素敵で。

スアも怖いけど事実を知った途端に手のひらを返す友人たちが怖い。

・23話
汚れていたことでいじめられていたスアだったが、綺麗になってからはチヤホヤされるように。そこからみんなから人気でいるには相槌や笑顔でいること、少しバカでいることが必要であることを学ぶ。
映画を見ていたギョンソクとミレはバスを逃すも、ミレの両親が親戚の家にいた事で実家に泊まることに。ミレの昔の写真をギョンソクが見ようとするのをミレは止めるが、ギョンソクの対応で見れば少しだけ見せる。そしてキス。2人は寝ることに。ギョンソクはソファで寝るがミレが携帯を置いていったためミレの母親からカトクと電話が電話に出て彼氏であることを伝える。ビデオ電話を終えると再び電話が。ミレの父親は監視カメラがあると言って切ったためギョンソクはさっきのキスを思い出して不安に。実は父親の嘘でギョンソクは寝不足に。帰りのバスでミレはギョンソクの肩に頭を乗せ、ギョンソクはミレの頭に頭を乗せ寝る。
ウヨンはスアに被害届の提出を促すもスアは白い目で見られるのが嫌だと断る。
無事に帰れたミレはギョンソクと電話をして幸せだが突然ウンから電話が来てスアのことで話そうと言われる、一方ギョンソクは帰宅してきたウヨンがどこか上の空でスあのことを聞いたのが引っかかっていた。ウヨンがスアの盗撮について調べていると今夜決行するとのツイートが。スアに電話をかけるも繋がらず急いで向かう中でウンに電話をかける。しかしウンは巻き込めないと考え1人で向かう。その様子を見ていたギョンソクはウンが家を知っていことを知り教えてもらおうと考える。
スアは家の前で猫にご飯を挙げていると度々授業が一緒になった男子生徒ドンウォンが。彼は思いを寄せていて片思いだと思っていたがスアの思わせぶりな素振りによって振り回され逆恨みしていた。

女の人なら多くが経験する「そうであるべき」という概念。笑顔でいろ、料理をすべき、少し馬鹿であれとか。
スアはその波に飲み込まれて苦しかっただろうなと。

・24話
ギョンソク、ミレ、ウンが向かう中悲鳴が。そしてドンウォンが慌てた様子で降りてくる。ギョンソク、ウンはドンウォンを追い、ミレはスアの元へ。ギョンソクはドンウォンを捕まえる。ミレはスアを助けようとするがスアはなにかの薬品をかけられたと信じ込み割れたガラスで命を絶とうとする。ミレはスマホのカメラで顔は傷ついていないことを伝える。命を絶とうとするのをやめたものの突き放すスアにミレは本心を伝える。その後病院へ。ミレはウンと交代してスアのそばにいる。ミレはその後大学のカウンセリングに。そばにいれる人がいないと伝えるが部屋から出るとウンが。しばらくのあいだ一緒にいようと言う。ウンはスアにミレが友達になった時に嬉しかったと言っていたと伝える。
授業ではギョンソクとミレが付き合ったことが噂になっておりギョンソクも笑顔で認める。
テヒの元にテヨンが来て寄りを戻そうとするような話をするがテヒはかっこよく断る。ウヨンは後輩から美人を紹介されそうになるも一目惚れしか無理と断る。その帰りヒョンジョンを見つけて声をかける。お酒を飲みに行くことに。
ミレはギョンソクの誕生日のために家庭教師的なバイトを。ギョンソクもバイトをしていて恋人がいるという名札を。2人はその後会いイチャイチャ。ギョンソクはミレが自分の誕生日を覚えているか心配。
ユジンは神父の息子なので継ぐとお酒が飲めないことで悩む。ジョンブンが付き添いに。
ギョンソクの父はヘソンに会い愛していると伝えるも年齢を間違え怒らせる。さらに娘のことで秘書をクビにしたらしいが、秘書はいい所に就職できたらしく父に馴れ馴れしく接する。
ウォノが誰かをみかける。ミレは授業を寝過ごし、そこにギョンソクが。机に香水がありギョンソクがプレゼントしたと考えるも違い、ギョンソクが嫉妬。誕生日の前日に怒らせてしまう。ウォノが見かけたのはスアで、スアはギョンソクのバイト先にあらわれ、髪を切って大学は休学したそう。そして、ギョンソクが好きではなかったことを伝え、ミレに香水を渡したことが伝えられる。
誕生日当日。ミレはサプライズで祝う。パーカーをプレゼントし、写真を撮る時にほっぺにチュー。その後山へ。ほぼプロポーズみたいなことをされる。大学で同じパーカーを着る2人。ギョンソクはお前の願いならなんでも叶えてやるという。

めちゃくちゃ面白かった。

とにかくチャ・ウヌの顔が良かった。国宝では?

美しさというテーマが幅広く語られるし、ミレだけではなくスアがフューチャーされたのも良かった。基本主人公の敵の女の子は悪役で終わりがちなのに今作では過去をからませてスアの人間性と生い立ちが分かってすごく良かった。
最後に髪を切って優しく笑うスアがめちゃくちゃ可愛かった。

ヒョンジョンとウヨンは付き合うまでは行かなかったけどなんだかんだいい感じだし、ユジンとジョンブンもいい感じだなと。テヒとテヨンは意外だけどテヨンは付き合ってる時に隠してたしまぁしょうがないかなと。

ミレとギョンソクのカップルは顔が良すぎて嫉妬心が湧かないし、イチャイチャすればするほどニコニコして見てしまう。

ギョンソクの両親の騒動は大事にならず昔のドラマの系統とは少し違う感じ。ギョンソクとミレも割と平穏で喧嘩とか全然ないし。

⚪鑑賞
GYAO!で鑑賞(字幕)。