ロバート山口

イノセンス〜冤罪弁護士〜のロバート山口のレビュー・感想・評価

イノセンス〜冤罪弁護士〜(2019年製作のドラマ)
1.5
毎回ドラマ後半にある、冤罪を晴らすための検証実験、なんかこのパターン"ガリレオ"に似てるなぁと思ってたけど脚本家同じ人(古家和尚)だったんですね。

原作のないオリジナルストーリーですがおそらく元ネタは今村核の"えん罪弁護士"なんじゃないかな。これNHKで3年前にドキュメンタリーとして映像化されたけどその作品の完成度はえらく高かったですね。皆が嫌がる案件を引き受け逆転無罪に挑む変わり弁護士の密着ドキュメント。面白かったんです。それだけに今回のドラマ、放送前はちょっと期待してました。が、期待外れ、全然ダメでした。普通、地味。これといってスカッとすることもなく淡々とした毎話同じようなストーリー。全話観ましたが途中飽きました。

しかしなぜ坂口健太郎演じる弁護士の、法廷で対峙する検察官がいつも同じ人なんでしょうね。ありえない。

ちなみに登場人物全員温泉地名。