こ

ハケン占い師アタルのこのレビュー・感想・評価

ハケン占い師アタル(2019年製作のドラマ)
4.3
占い師を調味料に安定の遊川節が炸裂する作品。
例のごとく尻上がりに面白くなっていきます。
1話目のこんなもんかーという印象が回を追うごとにこれが欲しかった!という具合に変わっていき、アタルの言葉が心に届いて感動します。

1話目
設定が好きなタイプでかなり期待していました。
ただし、1話目では主人公の能力が登場する場面も少なく、終盤のピンチを大逆転したのもその能力が決定打とも言い切れず、消化不良な感じが。
そもそもの能力自体も特別感の薄いもので胸躍るほどではありませんでした。
また、遊川さん作品に特有の視聴者が登場人物を檻の外から観ているような雰囲気が今作も強く、期待値ほど感情移入して楽しめませんでした。
一方で、遊川さん作品は長い目で見ればハマることも多いのであと少し観たいと思います。
1話目時点スコア3.3

2話目
序盤の本質はアタルではなく同僚一人ひとりの成長なのかと理解してから観るとだいぶ面白いです。
2話目時点3.6

3話目
志尊淳の可愛いが炸裂します。
このドラマ、完全に好きになりました。
3話目時点スコア4.0

4話目
今回もじわっと泣けます。
特に品川くんの上野さんへのリスペクト溢れる眼差しで胸が熱くなります。
アタルの啖呵も痛快に感じてきて良いです。
桜田ひよりちゃん終盤でもう一回観たかったな、なんて笑
4話目時点スコア4.0

5話目
アタルの言葉でどう変わるのか楽しみで個人的に待望だった田端フィーチャー回。
「世界中のみんな、平等に不公平」
遊川さんの作品は優しくない優しさが魅力的だと思っていますが、この回はそこが強く感じられて感動してボロ泣きしてしまいました(それ以来アタルは人前で観ないようにしています)。
終盤のこれからの一波乱ありそうな雰囲気を描写した弱めのクリフハンガーも次回への期待を高められました。
5話目時点スコア4.2

6話目
大崎さんフィーチャー回。
これまでの話に比べると素直な展開で、感動というよりはスッキリ要素に比重が置かれた一話でした。
アナザーストーリーのアタルの親子関係は次のステージに突入してきて、そちらの展開も気になります。

7話目
遂に代々木部長担当回。
Dチームの全てのピースが揃い物語も終盤に差し掛かった段階に相応しいストーリーでした。
アタルの親子関係も期待させられます。
7話目時点スコア4.3

8話目
アタルが逆占いされたりあの人を占ったり終盤のサプライズで視聴者を驚かせる遊川さん作品らしい一話。
Dチームのメンバーが一人ひとり改心していくほど、それを外から俯瞰している冷静なアタルという構図が際立っていただけに、この回はいつも以上に人間味を感じました。
早く最終回観たいけど終わってしまうのが悲しい第8話でした。

9話目
前半はこれまでのDチームとアタルの集大成、後半はこれからのDチームとアタルの物語の序章が描かれていてどちらにもじんわりとさせられました。
最後の遊川さんらしい終わらせ方は予想通りでした笑

続編が楽しみです。