食パン

ハケン占い師アタルの食パンのレビュー・感想・評価

ハケン占い師アタル(2019年製作のドラマ)
2.0
脚本家の前作『過保護のカホコ』がベスト級に好きなドラマだったので期待して観たが、脚本は悪くないとしても演出や俳優の動かし方が下手過ぎて醒めた。1話は脚本家上がりの遊川和彦が監督も兼任してるため、やりたい人物像や空気感は伝わらないでもないが、空間が嘘っぽくて物語を信じられない。はっきり言って演出力がない。冒頭の会議シーン特に意味のない編集多過ぎる。『カホコ』や『けもなれ』観た後にこんなお仕事ドラマ観ても何とも思えない。