sanshoku

ハケン占い師アタルのsanshokuのレビュー・感想・評価

ハケン占い師アタル(2019年製作のドラマ)
3.7
この前観た「十二人の死にたい子どもたち」で感じた違和感の正体が分かった。どうやら私は杉咲花のことが好きみたいだ。

杉咲花がめちゃめちゃ可愛い。何だったら高圧的な正論で殴られたい。こんな感覚は久しぶりだ。

また、アタルの占いは沁みる。というかグサグサと心に突き刺さる。寝ていたところを馬乗りで往復ビンタされている気分になる。実際そんな起こされ方をされたら、朝に弱い私は不機嫌まっしぐらなのだが、それも何故だか心地よい。ちなみに言っておくと私は、ぷっくりとした唇に連続キスをされながら目覚めたい派の人間だ。

このレビューを書く前に、「途中まではいいのに、最終話に近付くにつれて盛り下がっていく」というレビューを読んだ。このレビューには同意しかない。たしかに知る限りの遊川和彦の脚本はその様な傾向がある様に感じる。「同期のサクラ」の時もそうだったし、「過保護のカホコ」の時もそうだった気がする。最初にインパクトのあるキャラに惚れてしまって、それを求めて見続けているのに、最後に近付くにつれてキャラが弱まっていって消化不良感が残る。それを人間的成長と言えばそうかもしれないけど、「違うんだ!俺は元のアタルが好きなんだ!」と思ってしまう。恋人と別れる理由No.1みたいなことを言ってしまって、なんだか申し訳ない気持ちだ。

仕事を振られたときの「よろこんで!」って言葉、チャンスがあれば使ってみたい。というか言われたい。杉咲花に。