マイケル

The 100/ハンドレッド ファイナルシーズンのマイケルのレビュー・感想・評価

4.2
全シーズン通しての点数です。
シーズン4ぐらいまではワクワクドキドキしてましたが、シーズンが進むにつれて、ストーリーの規模があまりにデカく、話に入っていけなくなりました。
しかし、ラスト2話で一気にストーリーの軸のようなものに引き込まれました。
昨今、AIや核、マインドコントロール様々な物が発展し、便利な世の中になってますがそれがどれほど恐ろしい事か、いまから、数百年、数千年後、もしくは数十年後にハンドレッドで起きているこ事が起こるかも知れませんね。ベラミーやエモリ、マディのシーンは色んな意味でジーンときます。
争いからは何も生まれません。戦うのをやめる事。
全人類の為に。
結局1番恐ろしいのは人間。