食パン

スカーレットの食パンのレビュー・感想・評価

スカーレット(2019年製作のドラマ)
4.0
「女に学問はいらん」とか「女にも意地と誇りはあるんじゃ」とか「女の子が拐われたらどんな酷い目に遭うか」とか「女やから就職できへん」とか、楽しげで優しい物語の中に徹底的にフェミニズムを描いているし、コメディとしても抜群に面白い。

ちなみにスカーレットのタイトルからして『風と共に去りぬ』のパロディが見受けられます。例えば2週目最終話(土曜日)ラストの信楽焼のカケラを握りしめ故郷との決別を誓う喜美子は、明らかに、荒れ果てた故郷の赤土を掴む『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラのパロディですね。劇的な展開より丁寧な地に足のついたストーリーやドラマやコメディが素晴らしいです。子役の子、演技も関西弁うまいしかわいすぎ。