りえ

坂の途中の家のりえのネタバレレビュー・内容・結末

坂の途中の家(2019年製作のドラマ)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

1話終了
原作は読了済み。
ドラマも既視感あるけど見たことあるんかな??
とりあえず感想書くの忘れたらあかんのでまず記録。

あの歳になってあんな当て付けみたいにご飯ポイポイ床に投げ捨てるなんてごめんけどちょっと信じられない。

は?晩御飯いらん時に連絡欲しいって言うの普通なんですけど??
なにが「本気で言ってる?」やねん。お前こそ本気か?

被告人、もうすべてを諦めて飲み込んでいるんだろうな。空を抱いた腕が辛い。。
なんかみんなで被告人を虐めてるように思えるな、裁判員。。

そうか。
あやかもやっぱり育てにくい赤ちゃんで里沙子も子育てにめちゃくちゃ悩んでたんだ。ときどき出てくる周囲の人への聞き込みは里沙子へのものだったんだ。

視聴終了。
辛い。辛いな。
言えば言うほど逆効果。優しい仮面付けて実はみんな敵(と思ってしまう)。
家族で成された会話はその場にいた当事者にしか知り得ない。本当にそう。
その時どんな言葉が、どんな態度が、どんなトーンで成されたかは当事者にしか分からない。
家族の中のことは本当に闇。

私、よくみつご育てられたな…
三男がとくによく泣く子で「もうダメ…泣き止んで…首絞めたろか」て思ったことはたしかにある。
この一線を超えるか超えないかにはとてつもない距離があるようで実は簡単に越えられるものなのかもしれない。
分からないけど。