坂の途中の家に投稿された感想・評価 - 3ページ目

「坂の途中の家」に投稿された感想・評価

Kae

Kaeの感想・評価

4.2
0
人の心理をよく考察してる作品だと思った!

言葉によって人の心はいとも簡単に歪められてしまいます。さらに、人生においてさまざまな選択肢がある時代だからこそ、これで正しいのだろうかと不安になったり、どこかで無理をしてしまうこともある。


これはたまに忘れてしまう事なんですけど、
何が正しいと思うかは人それぞれなんですよね。

自分の価値観を優しさのつもりで人に押しつけて、知らず知らずのうちに苦しめるようなことはしたくない。気をつけなくてはと思った。

逆にもし自分が、人の言う「正しさ」に押しつぶされそうになっても、それが不自然なことだと気づいて誰かにSOSを出せる人間でありたい。



すごく重たい話でしたが、重たい中にも優しさがあった。
個人的にはママ友の酒井美紀(爽やか!)が心のオアシスでした。
Pam

Pamの感想・評価

3.2
0
せっかくいい原作なのに・・なんか脚本が痛い。痛い。痛い。こんな事言わんやろ。みたいな日本語がガンガン出てくる。。てか、最初に「オマエができるのか?」とか言われた時点で、普通の感覚持ってたら、夫相手に大げんかじゃない?しかし周りが若い母親をよってかかっていじめようとするあの構図。あるあるだな。そういう環境に置かれ若い母親は自分を無能と思わされ悪循環。。。否めない。まだそのままの50代母親だって私は知ってるよ。ほんと辛くなるよね。

構成はおもしろかった。ただ、この男たちの最低さ!がたまらん。。しかし、これが本当の裁判なら日本ってどんだけ若い母親に対して地獄なの?これもう、社会問題よ。


男が全員最低すぎて。不倫の女のコが一番まともに見えるわ。まともな夫はいないのか?それにしても倍賞美津子痩せたらあかん。高畑淳子のイケズぶりは最高やね。

柴咲コウより水野美紀の熱演が良い。
裁判員たちの人生を巻き込みながら、群像劇は進んでいく。
解きほぐされていく真実に向き合った時、涙が溢れる。
のめり込むほどにおもしろい、上手に構成された作品だった。
ムビコ

ムビコの感想・評価

4.5
0
「普通」って言葉は私自身言われるの好きじゃないけど、身近な存在の母や旦那さんの価値観で普通より劣っていると言われ続けたら劣等感植え付けられて依存していくだろうな。。

言い返せるような関係だったらよかったのに…。

夫婦、親子、子供のできない夫婦、などなどどの家庭の問題もリアルで共感だらけでした。

名前のない家事をしてくれない旦那さんへのイライラなんかも共感。

ボタンを掛け違えたら身近に起こり得えちゃうような、感じが怖い。

あーちゃんの目にいっぱい涙溜めてから爆発するような泣きの演技もリアル…‼︎

最後に主人公が言ってた、周りの優しい視線と共感があればってほんとその通りだなと思う。

見てよかったけど、胃が痛くなるし胸がえぐられるのでまた見ようと思えるかは分からない。
空飛ぶシーンは意味分かんなすぎたけど
育児って本当に大変なんだなってのと、人って視野狭まるとわりと危険だなってゆう
Benito

Benitoの感想・評価

3.9
0
【 誰にも触ってもらえない孤独感 】

=========================
原作_角田光代
脚本_篠﨑絵里子
監督_森ガキ侑大
出演_柴咲コウ、田辺誠一、水野美紀
伊藤歩、眞島秀和、西田尚美
倍賞美津子、高畑淳子
酒井美紀、光石研、風吹ジュン
音楽_山口由馬
エンディング_MuseK「silence」
放送_WOWOW 連続ドラマW
全6回_2019年4月27日 - 6月1日
=========================

・心理描写が細部にわたり、息苦しさを感じる裁判員制度、乳児虐待死事件、専業主婦の孤立した心理をテーマにした重いドラマ。

・里沙子(柴咲コウ演じる)の夫・陽一郎(田辺誠一)が、無自覚に人を傷付ける怖さ。良質な作品だけど、また観るのは辛い。

・柴咲コウが作詞した主題歌 "silence" は癒し系の北欧風。歌うのもMuseK名義の柴咲コウ。
ぁぃぁぃ

ぁぃぁぃの感想・評価

4.8
0
(ネタバレあり)
子どもなんてただ生きてるだけでいい。
手を離したくなる瞬間わかる。
私は赤ちゃんを抱っこして階段の上で
今ここで手を離したらこの子は
死んじゃうんだなぁと考えた事がある。
2人とも1度ずつやってしまったのは
布団をたくさん重ねた上に少し上から
落とした?こと。それでも泣いた。
赤ちゃんを窓から投げようかと思ったと
いう話も聞く。
産まれてからしばらくの
あのどうにもならない眠気、
記憶ぶっとびは本当に辛い。
その時は大変で大変で。
でも過ぎてしまったらもったいなくて
また赤ちゃん欲しくて後悔する。
柴咲コウが殺した話かと思ったら
裁判員裁判の話。
ただ被告人と主人公には重なる部分が多々。
水野美紀のやばさ、やつれ方がすごい。
目もぞっとする。
虐待死させる人に子供が授かり
一方で不妊治療する人がいる。
納得いかないよね。
りさこのくそ夫。
確かに場所は危なかったけど
なんでも虐待言って止めて叱れなくしたら
ただのわがまま子どもになるよ。

夫達のいいとこどり。
一番頑張ってるのは母なのにってのはある。
私も最初はそう思ってた。
平日はワンオペ、土曜も仕事が多く
日曜日しかパパと過ごせないとなると
子ども達はべったり。外食に行くと
100パー2人ともパパと座りたがり
私1人、反対側にパパをはさんで着席。
最初は人の目が気になり←
嫌だったけど慣れた(笑)
長女を産んで悩んでいた時
ただ食べて元気ならそれでいい。
周りとくらべなくていい。
自然と手放していけるというラインに
号泣した。
元職場で担任していた子のお母さん。
私が中運動会で焦っている時も
親なんて我が子がでてるだけで
可愛いんだからって教えてくれた。
昔は色んな事を教えようと必死だったけど
今はすごくよくわかる。
姑ってありがたいけど難しい。
息子を育てた人だから考えは同じよね。
かわいくない嫁と大人しい嫁の2パターン
どっちなんだろうとわからなくなった。
思い込みもこわい。
知育とはいえ赤ちゃんにあんなにしっかり
テレビみせたことはなかったな。
赤ちゃんが座ってテレビ見る映像新鮮だった。
何回も食べ物落として母が叱って
姑がなだめるシーン。
うちの子がばあばんちで何回も障子
破りまくってブチ切れ私にたたかれ
姑がなだめるのと重なりすぎた。
被告人の姑が息子に家に帰らずホテルに
泊まれと言うのはなかなか。
裁判員誰も意見の合う人がいない。
それぞれ違う立場、かかえているものが違う。
勝手に友達呼んだり、
何回も食べ物投げる子ども。
私ならぶっ叩きます😅

実の両親とうまくいってない問題。
私もこれ、実家に全く帰りたくない。
誰かの常識にとらわれて生きるのは辛い。

元カノに妻のこと相談して色々アドバイス
もらうとかやだなー。滝沢沙織やっかいな
性格そうなのに真に受けないで。
笑顔でどろどろかかえて生きる。
みんな紙一重。
もういない子どもへのエアー授乳シーンは
印象にのこった。
本当に心配してても伝わらない。
名前ない家事まぢでたくさんあるよ。
恵まれない子ども、虐待されている子ども
妊娠できない人は悲しくなるよね。
それでも子どもは最低な親が大好き。
『取り返しのつかない道に突っ込めば
同じ朝は二度と来ない』

児童相談所の人うぜって思っちゃったけど
お父さんが通報してた…
優しそうだったのに((((;゚Д゚))))
こういうのが一番怖い。
外堀を埋められる。
赤ちゃんの泣き声が追いかけてくる
っていう表現…
母がやらかしたのを必死に姑や夫に
言わないでというシーンも印象的。
またパパに怒られる、ちょっとわかる。
みんなの言葉でぬりかためられていた。
自分の言葉じゃなかった。

こんなお母さんでごめんね。
愛してるから絶望する。に泣けた。
被告人の最後の涙、やっとわかってもらえた…
もし2人が出会えていたら無理しない関係
ありのままをさらけだせたんだろう。
切なくてすてきなシーンだった。
しらたま

しらたまの感想・評価

3.7
0

このレビューはネタバレを含みます

いい作品だった。最終話のラスト直前までずっと暗いので見ていて苦しかった。
映像も綺麗で、出演者の演技も良かった。特に被告人の役の女性は凄かった。エンドロールに名前があってびっくりしたんだけど、いま人気の村方ののかちゃんも出てたみたい。落とされる赤ちゃんの役かな?
主人公と被告人が空を飛んでる?みたいなシーンのCGが安っぽくてちょっと笑ってしまった、、あのシーンって必要だったのかな、、
まず映像が映画のようでクオリティが高いなぁと感じた。
見始めはそれだけでワクワクした。

内容はミステリーかなと思って見始めたが全く違った。それでも、受け入れられた。
特に、主人公と同性だからかもしれないが、もし自分が親になったら同じような状況下になる可能性はゼロではないのかもと感じたし、何より周りで実際に似たことを感じていたり体感している人は多そうだと感じてリアリティもあった。

悔しさや苦しさがちょうど良い塩梅で込み上げてきて、最後まで一気に視聴した。

これは人によってかなり好き嫌いの別れる(というより、持続して最後まで見続けられる人を選ぶ)と思うが、男女共に見てほしい作品。
Kusmiathome

Kusmiathomeの感想・評価

4.2
0
これは素晴らしい。
とても複雑だけど丁寧。
考えさせられる。

あなたにおすすめの記事