かずシネマ

天国と地獄のかずシネマのレビュー・感想・評価

天国と地獄(2007年製作のドラマ)
-
記録

オリジナルが出来すぎているとリメイクは誰が何を担当しても相当に難しいと感じた。
放送当時、犯人役の妻夫木がオリジナルの山崎努と比べられ、他のキャストや脚本演出等よりも特にけちょんけちょんに言われていて少し気の毒に思った記憶がある。
仲代達矢が演った役を阿部ちゃんが演った点は、ルックスや雰囲気的な意味で良い配役だったなとは思う。