てでぃはる

セックス・エデュケーションのてでぃはるのレビュー・感想・評価

セックス・エデュケーション(2019年製作のドラマ)
5.0
「どっちみち傷つくよ。だったら僕らしい方が良い」
満点しかつけようがない最高の青春ドラマ。性を通して人間を学び成長する。
セックスセラピストの母親を持つオーティスはひょんなことから学校でビッチと噂のメイヴと校内で秘密のセックスセラピーをする事になるというお話。
このドラマの素晴らしいのはそのLGBTQ観。2019年、本来は世界中でこれくらい進んでいるべき。日本人の感覚がどれだけ遅れているかを再確認する事が出来ます。
笑えて泣けて本当に良いドラマ全く隙がない完璧です!