すみや

セックス・エデュケーションのすみやのレビュー・感想・評価

セックス・エデュケーション(2019年製作のドラマ)
4.6
タイトルが軽くてしょうもなさそうと思ってスルーしてたけど、見てみたら超良かった。
主人公が周りの学生の性問題をセラピーで解決していくストーリーだけど、作品全体のリテラシーが高いから視聴者への性教育的性格もあるんだと思う。
基本的に性事情が俯瞰的に描かれるのでティーン・ムービー的なコミカルさがあるし、ぶっ飛んだシーンもある。
でもそれだけじゃなくて、実際に実感を持てる性問題もちゃんと出てくる。LGBTQを含む性的嗜好や、自己愛、アイデンティティの問題って性から切り離せないし、そういったデリケートな部分もちゃんと踏み込んでシリアスに描いてる。けどどこかでちゃんと笑えるバランスが丁度良いなと思った。
その他バディものの要素だったり自己実現とかも組み込まれてて、良質なティーン・ムービー(ドラマ)って感じがした!
当然恋愛要素もあるんだけど主人公がセリフでラブコメをこき下ろすのがめっちゃ好きだし、お気に入りのエピソードは7と8。