kazu

セックス・エデュケーションのkazuのレビュー・感想・評価

セックス・エデュケーション(2019年製作のドラマ)
4.5
名前からして、見るのを避けていたドラマ。
目を背けずに見てみると非常に面白い。
ただ性に関する映画じゃなくて、そこに思春期ならではの問題、ジェンダーの問題も含まれている。
また、自分の弱さを曝け出すこと、ありのままの自分でいることが1番だと気づかせてくれた。
そして、とにかくメイブがかわいい💯